2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品はブライアン・クラーノの『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)とケン・ローチの『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ローリング・ストーン誌が選んだ「歴代パンク・ロック映画ベスト25」でもルーカス・ムーディソンの『ウィ・アー・ザ・ベスト!』が非英語圏作品としては唯一のランクイン。

お、サーストン・ムーアが選んだ「歴代パンク・ロック映画ベスト10」にルーカス・ムーディソンの『ウィ・アー・ザ・ベスト!』が入ってる。まあ、当然ってなもんですよ。

今年も新宿シネマカリテで7〜8月にかけて開催されるカリコレにて、ルーカス・ムーディソンの『ウィ・アー・ザ・ベスト!』が上映されますよー。 その他の上映作品では(WOWOWで放映済みだけど)サイモン・ペッグ&レイク・ベル主演のロマンティック・コメデ…

『ウィ・アー・ザ・ベスト!』におけるヘドヴィグの母親って、一見するとまともなことを言っているように思えるけれど、よくよく考えてみると彼女の言動・行動は自分の娘が「女らしい髪形」でなくなったことに対する保守的かつ短絡的な不快感によるものでし…

『ウィ・アー・ザ・ベスト!』のバスケのシーンは「主人公達がルールを守らずにプレイする」という点で『エヴァとステファンとすてきな家族』のラストのサッカーのシーンと相似形になっている。その根底にはルーカス・ムーディソンの「既存のルールに縛られ…

開催が迫ってきたから改めて書いておくけど、トーキョーノーザンライツフェスティバル 2016で2月6日(土)11:30〜、2月10日(水)16:30〜、2月12日(金)19:00〜、と計3回上映されるルーカス・ムーディソンの『ウィ・アー・ザ・ベスト!』は、マイリー・サイ…

そういえば、チェン・カイコーも『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を評して以下のように答えてましたね。 (「『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を観た時に浮かんだ最初の言葉は?」という質問に対して) 「フリーダム! フリーダムという言葉は、自分自身が何かをや…

マイリー・サイラスの「We Can't Stop」がハサミで足枷(≒抑圧)を断ち切るところから始まるのと同じように、『ウィ・アー・ザ・ベスト!』ではボボとクラーラがハサミを使ってヘドヴィグがはめられている足枷(≒抑圧)を断ち切ってあげようとする。もちろん…

トーキョーノーザンライツフェスティバル 2016で、ルーカス・ムーディソンの『ウィ・アー・ザ・ベスト!』が2月6日(土)11:30〜、2月10日(水)16:30〜、2月12日(金)19:00〜、と計3回上映されるから改めて書いておくけど、『ウィ・アー・ザ・ベスト!』は…

映画『ウィ・アー・ザ・ベスト!』の原作本『Aldrig Godnatt』の英語版『Never Goodnight(おやすみは言わない)』がついに出版されたので当然購入。スウェーデン語では理解しづらかった部分も、ようやくこれできちんと理解することができました。『Never Go…

ルーカス・ムーディソンの特異なところは、児童映画/子供が重要な役割を果たす映画を好んで撮っているにも関わらず、子役にコケティッシュな魅力を発散させようとは全くしていないところだ。つまりルーカス・ムーディソンはそういう目線(それはある種の「…

NBCで放送されたマイリー・サイラスの『Bangerz』ツアーのドキュメンタリーを観て大感動。ルーカス・ムーディソンはマイリー・サイラスのことを物凄く高く評価していて、「プルーストが生きていたら、きっとマイリーのことを気に入っただろう」とまで書き、…

ロビンの来日公演が決定!というわけで、ルーカス・ムーディソンにサインをもらった時にも着て行ったKonichiwa Records(ロビンが設立したレーベル)のパーカーが再び活躍する時がやってまいりました!

「世界中から馬鹿にされ、嫌われている者からインスパイアされるのは気持ちが良いものだ」 ルーカス・ムーディソンの心はいつでもはみ出し者と共にある。

10月18日のオフ会で特集する『Det Nya Landet(英題:The New Country)』は、ルーカス・ムーディソンの『リリア 4-ever』へ向けての萌芽が見られる作品なので、そういった視点からも観賞してもらいたいっすね。ルーカス・ムーディソンは同じモチーフを何度…

ルーカス・ムーディソンは反骨の人である。それは彼の長編デビュー作『ショー・ミー・ラヴ』の原題『Fucking Amal(≒クソったれの田舎町)』からも明らかであり、同作がスウェーデン・アカデミー賞を総ナメにした際の授賞式のスピーチでは、彼は気取ってばか…

ジル・ソビュールの最新作『Dottie's Charms』に作詞家として参加していた、ライオット・ガール・ムーヴメントの研究書『Girls To The Front: The True Story Of The Riot Grrrl Revolution』の著者サラ・マーカスが映画『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を激賞…

ティーガン&サラのサラさんが先日のツイートに続き、今度は『ウィ・アー・ザ・ベスト!』に対しての公式応援コメントを発表しましたね。最高! 理不尽なことばかりの世界の中でも、音楽だけはあなたに手を差し伸べ、鼓舞してくれる。『ウィ・アー・ザ・ベス…

「ルーカス・ムーディソン『ウィー・アー・ザ・ベスト』観に行って最大級の感動にはてしなく圧倒されていたらグザヴィエ・ドラン監督も同じ回を観ていた」 グザヴィエ・ドランのことはあまり好きじゃなかったんだけど、これを知ってしまうと嫌いになれなくな…

『ウィ・アー・ザ・ベスト!』のクラーラの兄貴のパーティー場面でクラーラが口ずさむ「ヘーランゴー♪」という歌はイングマール・ベルイマンの『不良少女モニカ』の中でも歌われている曲で、これはスウェーデン版「日本全国酒飲み音頭」、もしくはスウェーデ…

ルーカス&ココ・ムーディソン夫妻がコペンハーゲンで行われたマイリー・サイラスのコンサートに出かけて行って感動してらっしゃる。ルーカス・ムーディソンは「プルーストが生きていたら、きっとマイリー・サイラスのことを気に入っただろう」とまで書いて…

ティーガン&サラが『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を絶賛!そして『ショー・ミー・ラヴ』も大好きとのこと!超分かってらっしゃるぜ!!!

『ショー・ミー・ラヴ』での最も感動的な台詞「道をあけて 通りたいのよ」(by 日本語字幕)って、本当はスウェーデン語で「Please move. we're gonna go fuck now」って言ってるんすよね。きちんと訳すなら「どいてよね これから私達はヤリに行くんだから」…

しかし今あらためて『ショー・ミー・ラヴ』を観てみると、ラストが『ウィ・アー・ザ・ベスト!』とほとんど同じなんだよな。ちなみに『ショー・ミー・ラヴ』のラスト(2人が学校を出ていく場面)でかかるブローダー・ダニエルの「Underground」はこんな歌詞…

このインタビュー面白いな。ルーカス・ムーディソンに「『不良少女モニカ』のモニカはまるであなたの映画の登場人物のようですね」と言ったら、「でもイングマール・ベルイマンはモニカ(ハリエット・アンデルソン)に対する演技のつけ方がなっちゃいないと…

『ウィ・アー・ザ・ベスト!』のラストに飛び出すパンチライン「つまんない奴!」の初出は2000年のTVムービー『Det Nya Landet(英題:The New Country)』だったんすね。最近ずっと『Det Nya Landet』の日本語字幕を作っていたので、それで初めて気付いたっ…

『ウィ・アー・ザ・ベスト!』で青少年センターの職員のおじさん2人がいたでしょ? あの2人って劇中で「Brezhnev & Reagan Fuck Off」を演奏していたバンド、サボタージュの本当のメンバーだったMatte WibergとJohan Liljemarkなんだって(金髪のMatte Wiber…

『ウィ・アー・ザ・ベスト!』の予告編にもある、クラーラがヘドヴィグの髪を切るシーン。あそこでは演出じゃなくて本当に間違ってヘドヴィグの耳を切りそうになっているんだけど、そういう魔術的な瞬間/役者の自然な表情が幾つも刻まれていて、映画にきち…

ルーカス・ムーディソンがこのインタビューでも語っているように、今の社会において「他人から好かれること」「他人から認められること」が過度に重要視されているのはとても悲しいし、とても危険なことだと思う。『ウィ・アー・ザ・ベスト!』が素晴らしい…