2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

『ウィ・アー・ザ・ベスト!』のバスケのシーンは「主人公達がルールを守らずにプレイする」という点で『エヴァとステファンとすてきな家族』のラストのサッカーのシーンと相似形になっている。その根底にはルーカス・ムーディソンの「既存のルールに縛られずに生きて構わないんだ」という主張が込められていることは明らか。


エヴァとステファン〜』では(特殊なコミューンが舞台ということもあって)そのような「逸脱者」を皆が受け入れて試合が続行されるが、『ウィ・アー・ザ・ベスト!』の主人公達は試合から追い出される。『ウィ・アー・ザ・ベスト!』はそんな世界に対して抗い続ける少女達の物語だ。とはいえ、語り口自体は全然暑苦しくなくて、むしろ飄々としたユーモアが全体に散りばめられているのがルーカス・ムーディソンの個性。で、最後はつまんない奴等をゲラゲラ笑い飛ばして終わりだからね。もう、最っ高ってなもんですよ。