2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20211208161551p:plain

Netflix配信が開始された映画『ミックステープ 伝えられずにいたこと』は、「ロック映画のバラード問題」に抵触するし、せっかくキンクスの大名曲「Better Things」を使うんだったらもっと盛り上げろよ!とは思うものの、それでも来年の「未体験ゾーンの映画たち2022」で上映される『スターフィッシュ』よりはだいぶマシなミックステープ映画。

ちなみに『ミックステープ』の劇中においてブルーハーツの「リンダリンダ」が大フィーチャーされているんだが、これはリンダ・リンダズからの影響とかいうわけではなくて、2009年にブラックリストに登録された脚本の中にすでに同曲は登場していたとのこと。他にもチープ・トリックとかザ・クイックとかパワー・ポップ色強めの選曲。

f:id:pikao:20211207123705j:plain

f:id:pikao:20211207190143j:plain

Amazonのほしい物リストの中からyama_qu様がBD-R20枚&使い捨てスリッパ10セット&野菜ジュース1ダース&炭酸水2ダースを寄贈してくださいました! 今年はコロナ禍ということで面白いイベントをやる人が減ってつまらない世の中になるのがハナから分かっていたので、敢えてリスクを冒してサム・フリークスを6回開催しました。来年は通常ペースに戻して年4回の開催を予定しております。このBD-Rはその上映用素材として使用させていただきます! そして、冬になると床が冷えるのでスリッパを履きたいけれど、汚れたらイチイチ洗濯するのは手間なので(&汚れも落ちにくいし)、こうやって使い捨てスリッパを頂けるのは本当に助かります。これで今年の冬は冷え性知らずやー。ありがたやー。

f:id:pikao:20211207135724p:plain

ダメージド・グッズ所属アーティストによるクリスマス・アルバム『A Damaged Christmas Gift For You』の新装版が12月10日にリリースヘレン・ラヴやヘッドコーティーズが参加しているところに、さらにクーレッツも追加! フィル・スペクター・オマージュのジャケットも最高です。

Tunnel Of Love』でのブルース・スプリングスティーンのミニマムなシンセサイザー使いが上手いのは、『The River』をパワーステーション・スタジオで録音中にスーサイドの2人とツルんでいた影響が大きい説。ちょうど彼等もパワーステーション・スタジオでエレクトロニック色が強まった2ndアルバム『Suicide: Alan Vega And Martin Rev』(名盤!)を録音中だったので、よく酒を飲み交わす仲だったとのこと。アラン・ヴェガとスプリングスティーンエルヴィス・プレスリー好きという共通点もあったのでウマが合ったんでしょう(実はアラン・ヴェガの方が年上)。この友情が後に「Dream Baby Dream」の名カヴァーに繋がる、と。映画『アメリカン・ハニー』の素晴らしさにも貢献していたあの名カヴァー!

f:id:pikao:20211206005846p:plain

京都みなみ会館で開催中の名作映画鑑賞会で上映されるロバート・アルトマンのミュージカル・コメディ『ポパイ』で重要なのは、劇中歌の作詞作曲をハリー・ニルソンが手掛けている点。何しろサム・フリークスはハリー・ニルソン推しの映画上映イベントなので(サム・フリークスの終映時のBGMは毎回ハリー・ニルソン)。この映画の劇中歌である「He Needs Me」はポール・トーマス・アンダーソンの『パンチドランク・ラブ』でも大フィーチャーされているが、『マグノリア』でもハリー・ニルソンの「One」(のエイミー・マンによるカヴァー)が使用されており、この時期のポール・トーマス・アンダーソンは何故かハリー・ニルソンずいていた。

ちなみに『ポパイ』のサウンドトラックは2017年にリリースされたデラックス・エディションでハリー・ニルソン自身の歌唱によるデモ・ヴァージョンが大量に追加収録され、「ニルソンのもう一つのソロ・アルバム」としても楽しむことができるようになった。ニルソンがシェリー・デュヴァルと「He Needs Me」をデュエットしたりしながら彼女に歌唱指導を行なっている模様が10分近く収められたりもしていて、めちゃくちゃ面白いですよ。