2024年4月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.27」を開催します。今回はケン・ローチの最高傑作の一つである大作『石炭の値打ち』の前後編を一挙に日本初上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

配信リリースされた『神さま聞いてる? これが私の生きる道?!』(傑作!)でザ・バンドThe Night They Drove Old Dixie Down」のジョーン・バエズによるカヴァー・ヴァージョンがフィーチャーされていたので、彼女のキャリアを追ったドキュメンタリー映画Joan Baez: I Am A Noise』を観賞。本作の製作総指揮がパティ・スミスだったのを見て、そういえばボブ・ディランローリング・サンダー・レヴューの時から彼女達には繋がりがあったことを思い出す。つまり、この映画自体が2人の長年に渡るシスターフッドの結晶なのだ。

杉並区は久我山井の頭線三鷹台駅より徒歩5分)のecho and cloud studioで10日間に渡って新曲の制作をおこなっていたシグリッドSEKAI NO OWARIのギタリストのNakajinも参加していたみたい。傑作EP『The Hype』を経ての来たるべき3rdアルバムが楽しみすぎる。

ラヴィス・バーカーやヤングブラッドのプロデューサーのマット・シュワルツが参加している1stフル・アルバム『Traumatic Livelihood』も良かったジャズミン・ビーン。彼女の父親がワイルドハーツのジンジャーなのは知っていたけど、母親はフラッフィー(再結成した90年代のセックス・ピストルズの前座として来日したこともある、短命に終わったUKパンク・バンド)のドラマーのアンジー・アダムスだったんすね。ジャズミン・ビーンの音楽性も、マフスやザ・ベスを好きだったりするジンジャーの趣味趣向も、フラッフィーを媒介に様々な点が1本の線で結ばれる感じだ。

リアル・エステイトの新作『Daniel』は本人達曰くR.E.M.の『Automatic For The People』から影響を受けたという話だが、ギター・バンドとしての体裁を保っていて比較的明るいトーンの楽曲が多いこともあって、むしろ音楽的には『Out Of Time』の方に近い作品だと思う(『Automatic For The People』はジョン・ポール・ジョーンズによるオーケストラのアレンジメントが重要な要素を占めているアルバムでもあるので)。とにもかくにもR.E.M.再評価の波は継続中。

 ジーザス&メリー・チェインの7年ぶりとなる新作アルバム『Glasgow Eyes』からの先行リリース曲第3弾「Girl 71」。これはもうとびきりポップな「Louie Louie」じゃないか! しかも最初から最後までザ・フーの「無法の世界」のようなシンセサイザーも鳴り続けるというロックの歴史のど真ん中を行くような楽曲。常に基本を忘れないジーザス&メリー・チェインが大好きだ!

マギー・ロジャースは以前からライヴで「Harvest Moon」なんかをカヴァーしている人ではあったけれど、4月にリリース予定の新作のタイトル曲「Don't Forget Me」はめちゃくちゃニール・ヤング風だな。それこそ『Harvest』に収録にされていても不思議ではないフォーキーなナンバー。