2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20210918205259p:plain

リンジー・バッキンガムのソロ作品はどれも自身でほとんどの楽器を演奏した密室ポップ集だが、セルフ・タイトルを冠した最新作もその例に漏れず。さらに、かつての『Law And Order』(今、改めて聴くと30年ほど時代を先取りしていたと思う)にも通じるチルウェイヴ的な質感もあるベッドルーム・ポップ・アルバムになっていて素晴らしい。フリートウッド・マックという世界で最も巨大なポップ・バンドの中核を担っている(いた)人なのに、ソロだとここまで徹底的にパーソナルなサウンドを奏で続けているのも凄い。

f:id:pikao:20210917115429j:plain

これすごいな。ゴーゴーズってアルバム・デビューの1年以上前&キャシー・ヴァレンタイン加入前の時点で日本のFineの表紙を飾っていたのか(1stアルバム『Beauty And The Beat』の発売は1981年7月)。傑作ドキュメンタリー映画The Go-Go's』でも紹介されていない貴重な事実。日本での当時のゴーゴーズ受容についてもっと詳しく知りたいぞ。あと、やっぱりジェーン・ウィードリンはこの5人の中でも一番パンクやな。

マニック・ストリート・プリーチャーズの新作『The Ultra Vivid Lament』収録の「The Secret He Had Missed」は、本人達もその影響を認めてはいるけれど、「Dancing Queen」風のピアノも含めてめちゃくちゃアバっぽいすね。あと、サンフラワー・ビーンのジュリア・カミングのヴォーカルがこんなにもカイリー・ミノーグに似ているのかという気付きもあった。

f:id:pikao:20210916235659j:plain

傑作『少女ジュリエット』の比較対象としても挙げた『1981』『1987』『1991』の三部作の監督であるリカルド・トロジの最新作『完璧な家族になる方法』がNetflix映画として日本語字幕付きで気軽に観れるのはありがたい。『Une Colonie』でカナダ・アカデミー賞の主演女優賞を受賞したエミリー・ビエールが、同作と『Les Nôtres』に続いてまたもや青春の影を体現するキャラクターで、ほとんど「ケベックのチャーリー・プラマー」と化しているのだった。今回はジェイン好きという設定なのが嬉しい(「Come」がフィーチャーされております)。何はともあれ、ジョン・レノンの歌声は全てを包み込む、という作品だな。

f:id:pikao:20210914194644p:plain
そういえばラシダ・ジョーンズの母親であるペギー・リプトンはドノヴァンの「Wear Your Love Like Heaven」をカヴァーしているけれどラシダ・ジョーンズGAPのCMでドノヴァンの「Mellow Yellow」を歌っているんだよな。親子2代に渡ってドノヴァンを歌い継ぐファミリーだ。

f:id:pikao:20210914175201p:plain
1965年から71年にかけてカヴァーされたドノヴァンのナンバー及び彼が楽曲提供したナンバーを集めた『Hurdy Gurdy Songs』という素敵なコンピレーションCDがあるんですが、そのプレイリスト版をApple Musicの方に作っておきましたのでぜひご活用ください(全24曲中21曲が配信されていた)。めっちゃスウィンギング・ロンドンって感じの楽曲集。後にクイアーズが名盤『Pleasant Screams』でカヴァーする「You Just Gotta Blow My Mind」の原曲も収録されてるよ!