2022年6月4日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.18」を開催します。今回は英国産のゲイ映画クラシック『とても素敵なこと -初恋のフェアリーテール-』と、シェーン・メドウズが『THIS IS ENGLAND』組を再起用して撮り上げた『サマーズ・タウン』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

シグリッド感動したという『a-ha THE MOVIE』は、音とセットで語られることで、(その変則的な編成も含めて)a-haはドアーズから強い影響を受けていることが非常によく分かった。ポールとマグネがa-ha以前にやっていたバンド、ブリッジズの音はモロにドアーズだし、ポールはエコー&ザ・バニーメンからも影響を…ってそれも要するに大元はドアーズだから(後にa-haの『MTV Unplugged』でエコバニのイアン・マッカロクと共演している)。

ケンドリック・ラマーの新曲の「N95」って反マスク思想の曲じゃねえか。「君は外に戻ってきたが奴等はまだ嘘をついていた」と始めて、色んなものを「外せ(take off)」と言っていく曲なんだけど、タイトルの「N95」はもちろんマスクのことなわけで、暗に「マスクを外せ」と言っている内容なんすよね(ただし、直接的には言っていないので、ケンドリック側は何とでも言い逃れできる)。そりゃあ自分だってできればマスクはしたくないけれど、こういう論旨で言われるとさすがに引いてしまう。

シグリッドの新作『How To Let Go』が全英アルバム・チャートで2位を獲得! ノルウェーのアーティストで全英2位以上を獲得したのは80年代のa-ha以来の快挙!ということで記事になっています。そんなシグリッドはちょうど最近『a-ha THE MOVIE』を観て感動したそうです。『a-ha THE MOVIE』の日本公開は5月20日なので、ここはシグリッドの新作とセットで楽しみたいところですな。もちろん私も観ます。

U-NEXTに加入していないので今まで見落としてたけど、ゴーゴーズがロックの殿堂入りを果たした昨年のセレモニーの模様が4月から日本語字幕付きで観れるようになってたんすね。ゴーゴーズへの熱い想いを語るドリュー・バリモアは必見。ポール・マッカートニーも出てますよ。でもまあ、ゴーゴーズにキャロル・キングティナ・ターナーって、その影響力の強さを考えたらもっと早くに殿堂入りしていてしかるべき人達なわけで、改めて世の中の女性差別を実感させられる人選ではある。

https://m.media-amazon.com/images/I/81i3NNuSlIL._AC_SL400_.jpg

エックス・レイ・スペックスの影響ということで言うと、ちょっと変わったところではハノイ・ロックスのマイケル・モンローも彼女達の「Germfree Adolescents」と「Identity」をカヴァーしている(「Germfree Adolescents」はリンダ・リンダズカヴァーしていた曲だ)。まあ、ハノイ・ロックスもパンクをルーツに持つ人達だし分からなくはないけど、同じアルバム内で2曲もカヴァーするってことは心底好きなんでしょう。あと、エックス・レイ・スペックスの話題の時にはいつでも言及しておきたい、ヘレン・ラヴによる故ポリー・スタイリンへ向けたトリビュート・ソング「Thank You Polystyrene」は何度聴いても最高。

そういえば、ポリー・スタイリンのキャリアを追ったドキュメンタリー映画Poly Styrene: I Am A Cliché』(彼女の娘が亡くなった母親の足跡を追うという内容)を先日観たんだけど、ポリー・スタイリンがジョニー・ロットンにガチで恋していたけど全く相手にされなかったという話が切なかったっす。