2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ジョン・ボーナムのドラミング解説動画、ちゃんとした日本語字幕が表示できるようになってたんすね。これを見ると、どうして彼のビートがヒップホップの人達に頻繁にサンプリングされるのかが非常によく分かる。ここでも解説されてるけど、自分がレッド・ツェッペリンで一番好きな曲はやっぱり「The Wanton Song」かな。レッド・ツェッペリン流のハード・ロック・ファンク。

Dating Amber』で「ライオット・ガール好き」な女の子が話題にするのが結局はビキニ・キル/キャスリーン・ハンナでしかないのは限界を感じるところではある。1995年にアイルランドに住んでいて英国に行きたがっている、自分でジンを発行するようなライオット・ガール好きの捻くれた女の子が身近に感じるのは圧倒的にハギー・ベアの方でしょ、と思うもの。しかもハギー・ベアは「boy-girl revolutionaries」を掲げた男女混合のライオット・ガール・バンドで、映画のテーマとも合致するのに。

みんなオアシスの話ばかりするけど、本当に最高なのはビキニ・キル」って、ビキニ・キルはアメリカのバンドだし、そこは英国のライオット・ガール・バンドであるハギー・ベアを挙げないと話の筋が通らなくないか? まあ、そこら辺のライオット・ガールの扱いはかなりステレオタイプですよね(会話のネタとしてビキニ・キルを出してくるだけマシだとは思うが)。

f:id:pikao:20200809122243j:plain

キャトリン・モランの名作フェミニスト・コラム集『女になる方法』の続編にあたる『How To Build A Girl』がビーニー・フェルドスタイン(『ブックスマート』)主演で映画化。こちらはキャトリン・モランが10代で音楽ライターとしての仕事を始めた頃の思い出を綴った半自伝的作品。ちょうどブリットポップ前夜の英国が舞台で、主人公はアルバム・デビュー直後のマニック・ストリート・プリーチャーズのライヴに取材に行ったり、当時売れまくっていたカーターU.S.M.の話題が出てきたりする。

というか今となってはカーターU.S.M.が『1992 – The Love Album』で全英1位を獲るぐらいに売れまくっていたのってマジで謎でしかないんだが、ああいう捻くれポップが売れたことがブリットポップに向けた萌芽になったと考えるべきなんだと思う。

f:id:pikao:20200809012719j:plain

Dating Amber』はブリットポップ全盛期の1995年のアイルランドが舞台の青春映画で、「ブラー対オアシス」の話題が会話に出てきたりもするんだが、唯一ガールプールの「Cut Your Bangs」が時代設定から外れた未来の既成曲の選曲。これはガールプールのエイヴリー・タッカーがトランスジェンダーで、性転換した人であるということと映画のストーリーを重ねての「あえて」の選曲だと思われる。だからレディエイター・ホスピタルのオリジナルではなくてガールプールのカヴァー・ヴァージョンでなければならなかったのだ。