2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品はブライアン・クラーノの『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)とケン・ローチの『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

あれからさらに気付いたけど、アジカン新作のラストを飾る「ボーイズ&ガールズ」の元ネタってロングピッグスの「Lost Myself」っすね。ファルセットの使い方などまで含めてかなり意識したサウンドになっていると思う。アジカンは『ランドマーク』のラストを飾る「アネモネの咲く春に」で同じくロングピッグスの「She Said」をパクっていた過去があるので、これは間違いないでしょう。以前にも書いた通りで、ロングピッグスの『The Sun Is Often Out』は初期レディオヘッドの影響下にある作品の中で最も秀でたギター・ロック・アルバムだと思う。

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/616CJd4e1rL._SS500.jpg

アジカンの新作の『ホームタウン』収録の「さようならソルジャー」のベースラインは既聴感があるなあ、と思ったけど、この元ネタはストーン・ローゼズの「She Bangs The Drums」っすね。他にも「サーカス」がモロにウィーザーの「Undone - The Sweater Song」だったりと(しかもこれとは別にウィーザーリヴァース・クオモとの共作曲まであるという)、自分達の好きなことを臆面もなくやっている感じで自分的にはムチャクチャ好感度の高い内容でした!

さようならソルジャー

さようならソルジャー

  • provided courtesy of iTunes

 

f:id:pikao:20181210231757j:plain

8月に神戸で開催された『グッド・ヴァイブレーションズ』×『ノーザン・ソウル』上映会 in 神戸で配布されたフリーペーパーに私が寄稿した『グッド・ヴァイブレーションズ』と北アイルランドについての3000字超の解説コラムがAfter School Cinema Clubさんのサイトに掲載されました! あっこゴリラさんの傑作『GRRRLISM』にこの映画からインスパイアされた名曲「GOOD VIBRATIONS」が収録されていますので、そっち方面の興味からでも是非読んでみてくださいー。『GRRRLISM』とも根底で通じることが書かれていると思いますので。「叩きのめされても、決して打ちひしがれてしまうことのない人々の音楽」についての映画です。

f:id:pikao:20181206223216j:plain

このTENG GANG STARRのインタビュー、過去最高だな。「カッコイイ音楽やカルチャーは差別や国境を飛び越える。たとえば韓国に対するヘイトスピーチとかあるわけじゃないですか。でもK-POPがカッコイイってことで、若い子はキャーキャー言って観に行くわけですよ。そこには差別も何もないんですよ。音楽という純粋にカッコイイもので皆が繋がっている。だからカッコイイことをすれば、世の中は変わると俺は信じてるんで」。kamuiが指にノイバウテンのロゴのタトゥーを入れてるのも最高。確かにテンギャンの「WMN」ってノイバウテンの「Tanz Debil」風味があったりしますもんね。