2021年8月7日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.14」を開催します。今回はビル・フォーサイス特集ということで、映画『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

これからも分かるように、作り手もN国党とか「コロナはただの風邪」とか言ってる連中と大差ないノリなんだよな(そして、そこに乗っかってハシャいでる連中はもっと最悪)。こういう映画を褒めちゃダメだよ。

Danny Elfman - Big Mess

オインゴ・ボインゴ解散から25年以上経過し、今やすっかり「映画音楽の人」となってしまったダニー・エルフマンの実質的には初といえるソロ・アルバム『Big Mess』。70歳にも迫ろうかというのに、ここまでバリバリにロックしたい気持ちが彼の中に残っていたとは大きな驚きだった。ダニー・エルフマンKamuiなどと同様にノイバウテンが好きらしいんだが、本作はそういった趣向が強く出ている めっちゃヘヴィなインダストリアル・ロック・アルバム。オインゴ・ボインゴInsects」のリメイクあり。しかもエピタフ・レコーズ傘下からのリリースだ。つまりはリンダ・リンダズとレーベルメイト!

そういえば「サム・フリークス Vol.13」で上映したグレッグ・アラキの『スマイリー・フェイス』は13年前から絶賛してるし11年前の自宅オフ会でも上映してるんすよね。自分が何かを絶賛する時はそれぐらい強い気持ちを込めているってことです。そこに嘘は1ミリもないってことを13年越しで実証。

f:id:pikao:20210610230809p:plain

映画『Our Friend』はジェイソン・シーゲルのキャラクターがR.E.M.の1995年のツアーTシャツを愛用していて、劇中では彼等の「Sitting Still」がフィーチャーされているという、『人生はローリングストーン』に続く「ジェイソン・シーゲルR.E.M.映画」だった。どちらもR.E.M.が死に近しいイメージで扱われている点も似ているか。ちなみに、どうしてこのTシャツが分かったのかというと、自分も中学生時代に同じTシャツを着ていたから。つまりジェイソン・シーゲルのキャラクターは「大人になりきれない男」を体現しているとも言える

f:id:pikao:20210610230217p:plain

josh

josh

  • provided courtesy of iTunes

GRAPEVINEの新曲「josh」ってビートがプリンスの「I Would Die 4 U」で歌詞に「When Doves Cry」まで出てくるし、全編めっちゃプリンス・オマージュやな(ついでに映画『いちご白書』についても言及されている)。ちなみに田中和将は『いちご白書』について、「まさに今っぽい」と考えているようで。

f:id:pikao:20210608213959p:plain
サム ・フリークス Vol.13」で上映した『スマイリー・フェイス』を気に入った人は『ウェイターはつらいよ(原題:Waiting...)』も観てみてくださいー。自分も2007年の年間ベスト10に入れた傑作で、この辺りがアンナ・ファリスの一つのピークですね(『Just Friends』という快作もある)。