2024年10月19日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.29」を開催します。今回はジョン・キューザック2本立てということで、彼の長きに渡るキャリアの最高傑作である『やぶれかぶれ一発勝負!!』と、ジョン・キューザック版『インスタント・ファミリー』というべき傑作『マーシャン・チャイルド』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2025年1月19日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.30」を開催します。今回はゲイ映画2本立てということで、リチャード・レスターのコメディ職人としての手腕が存分に発揮されたシチュエーション・コメディの傑作『ザ・リッツ』と、「サム・フリークス Vol.13」の上映作である『スマイリー・フェイス』に続くグレッグ・アラキの傑作『カブーン!』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しましたマフスのキャリアを一望できるプレイリストも作りってみました。

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時2024年の来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

サム・フリークス Vol.28」にご来場いただき誠にありがとうございました! 皆様のおかげで47158円のドネーションが集まりましたので、さっそく認定NPO法人 3keysへの振込手続きを行ってまいりました。次回のイベント「サム・フリークス Vol.29」は10月19日(土)に開催です! よろしくお願いします! ジョン・キューザック2本立てで、裏テーマは「成長するってこと」です!

サム・フリークス Vol.28で上映した『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』について何か書く/言うのであれば、「野球映画」と大雑把に括るのではなく、できれば「黒人野球映画」もしくは「ニグロリーグを題材とした映画」などときちんと言及してもらいたいと個人的には思っています。2024年5月にニグロリーグの記録がMLBの公式記録としてついに認定されましたが、それまでずっとニグロリーグの記録は非公式なものとして扱われてきました。つまり、本当は存在していたのに、ないことにされてきた、軽視されてきたという歴史があり、それこそが人種差別の構造そのものだからです。

あと、これはまあ深読みですが、ニグロリーグの終焉を描いた『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』は、アメリカン・ニューシネマの終焉とも二重写しになる。同作の脚本を手掛けたハル・バーウッドとマシュー・ロビンスのコンビの前作『続・激突!/カージャック』はモロにアメリカン・ニューシネマな内容だったわけですが、その監督を務めたスティーヴン・スピルバーグは『ジョーズ』で大ヒットを飛ばし、アメリカン・ニューシネマという日陰者達の世界から抜け出します。ニグロリーグという野球界における日陰者達の世界からMLBへとスカウトされる若者が登場するところで終わる『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』は、そんな当時の映画界の様相とも重なって見えてくるのでした(ちなみに『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』も当初はスピルバーグが監督する予定でしたが、『ジョーズ』が大ヒットしたことによって降板しています)。

リンダ・リンダズもインタビューで大好きと言っていたマネキン・プッシーの初来日公演が決定! これはマジで嬉しい。現代のライオット・ガールの系譜を目撃できる!

そして、そんなリンダ・リンダズの2ndアルバム『No Obligation』も10月にリリースが決定! 先行リリースされた「All In My Head」は以前よりも曲作りが巧みになってパワー・ポップ度が増し増しになってるのがいい感じ。2024年の後半も楽しくなるぜ。


リンダ・リンダズ自身が情報発信しているからネタバレもクソもないと思うんだけど、映画『インサイド・ヘッド2』では彼女達の「Growing Up」が使われているそうなので公開が楽しみ。作品のテーマともピッタリ合っていると思うしね。成長するってこと。