2022年6月4日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.18」を開催します。今回は英国産のゲイ映画クラシック『とても素敵なこと -初恋のフェアリーテール-』と、シェーン・メドウズが『THIS IS ENGLAND』組を再起用して撮り上げた『サマーズ・タウン』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ケンドリック・ラマーの新曲の「N95」って反マスク思想の曲じゃねえか。「君は外に戻ってきたが奴等はまだ嘘をついていた」と始めて、色んなものを「外せ(take off)」と言っていく曲なんだけど、タイトルの「N95」はもちろんマスクのことなわけで、暗に「…

塚口サンで間髪入れずに観た『アンネ・フランクと旅する日記』と『スージーQ』がある言葉で繋がったのにグッと来た! pic.twitter.com/IaIsYGtuII — ドルフィーニ・エレクトリコ (@ElectolPhin_4D) 2022年5月16日 そして、それはナードマグネットの新作に繋…

シグリッドの新作『How To Let Go』が全英アルバム・チャートで2位を獲得! ノルウェーのアーティストで全英2位以上を獲得したのは80年代のa-ha以来の快挙!ということで記事になっています。そんなシグリッドはちょうど最近『a-ha THE MOVIE』を観て感動し…

U-NEXTに加入していないので今まで見落としてたけど、ゴーゴーズがロックの殿堂入りを果たした昨年のセレモニーの模様が4月から日本語字幕付きで観れるようになってたんすね。ゴーゴーズへの熱い想いを語るドリュー・バリモアは必見。ポール・マッカートニー…

エックス・レイ・スペックスの影響ということで言うと、ちょっと変わったところではハノイ・ロックスのマイケル・モンローも彼女達の「Germfree Adolescents」と「Identity」をカヴァーしている(「Germfree Adolescents」はリンダ・リンダズもカヴァーして…

ゼイ・ヘイト・チェンジの待望のアルバム『Finally, New』で「X-Ray Spex」という曲があるので気になっていたら、同じアルバム内の「Some Days I Hate My Voice」で「Gucci X-Ray Spex, bitch I'm Poly Styrene」とエックス・レイ・スペックスとポリー・スタ…

マフスの『Really Really Happy』のデラックス・エディションで完全未発表曲の「My Imagination」をついに聴けたのが嬉しい! 10年以上前から著作権登録されているのを確認していただけに、感激もひとしお。キムが声優として参加していたアニメーション『The…

ティル・チューズデイはどうしてもデビュー・ヒットの「Voices Carry」ばかりが注目されてしまうけど、アルバム単位で見るとエイミー・マンのシンガー・ソングライター色が強まったラスト・アルバムの『Everything's Different Now』がダントツで良い。エル…

シャトー・シャトーがキル・ロック・スターズと新たに契約を交わしてリリースした『Grow Up』は、ジャケットで示されている通りにブルーをフロント・パーソンとして前面に押し出してポップ度を増してきたグラム・シンセポップ・アルバム! ティル・チューズ…

傑作映画『スージーQ』の日本公開に合わせたかのようにスージー・クアトロの素晴らしいボックスセット『THE ROCK BOX 1973-1979 (THE COMPLETE RECORDINGS)』がリリースされた。タイトルからも分かるように、1973年から1979年にかけてのオリジナル・アルバム…

『デリー・ガールズ』の最終回スペシャルは、1998年5月に実施された、ベルファスト合意の受け入れを問う国民投票の前後が舞台なのかー。北アイルランドにおいて時代の大きな節目となったイベントなだけに、物語の締め括りとしてこれほど相応しい題材はないと…

パンク映画の名作『ザ・デクライン』の続編『ザ・メタルイヤーズ』はタイトルからも明らかなようにLAメタル編で、途端に享楽的になり一気にIQが低下。監督のペネロープ・スフィリースが後に『ウェインズ・ワールド』の映画版を手掛けることになるのは、ここ…

新たに公開されたリンダ・リンダズの「Why」のPVにおいて、「パンクとは何か?」という質問をするインタビュアー役でキャスリーン・ハンナが出演してますよー。

シグリッドの2ndアルバム『How To Let Go』は、元々この人が持っていたオーセンティックなシンガー・ソングライターとしての側面を前面に押し出すことで大きくスケールアップを果たしていて非常に素晴らしい。「Bad Life」でブリング・ミー・ザ・ホライズン…

本日リリースされたヘレン・ラヴの未発表曲集第2弾『Songs From Under The Bed Vol 2』に収録されている「The Sparks One」は、「色んなTシャツを持っているけれど、今日はスパークスのTシャツを着て行くぜ!」という強い意志に溢れたロック・ナンバーで、笑…

映画『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』(監督:アリソン・エルウッド)観賞。★★★★。傑作『The Go-Go's』を手掛けたアリソン・エルウッドの最新作は、LAはローレル・キャニオンの音楽シーンを追ったドキュメンタリー。その発火点は言う…

というわけで、おいらの2020年の年間ベスト映画だった『スージーQ』が5月6日にようやく日本公開されますよー。ゴーゴーズのキャシー・ヴァレンタインも出演&トーキング・ヘッズの結成秘話も出てくる!

Sun Plaza Hotel, Tokyo, Japan 19th June 1982 (Live) GO-GO’S ロック ¥1222 ハーフオフィシャル音源としてリリースされているゴーゴーズの1982年の初来日公演の模様だけど(当時NHKラジオで放送されたものがソース)、「中野サンプラザホール」が「サンプ…

サム・フリークスVol.19で『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映しようと思ったのは、今年の正月にアーロ・ガスリーの「アリスのレストランの大虐殺」を聴いていて閃いたからです。1年に1度くらいはこんなに長い歌(18分超え! 歌詞の全訳はこちら参…

先日インタビューしたリンダ・リンダズの1stアルバム『Growing Up』のリリースを記念して、リンダ・リンダズのロゴのタトゥーを彫ってきました! リンダ・リンダズはマフスの「Big Mouth」をカヴァーしているし、どちらのバンドもLAパンクの2大巨頭であるXと…

『ザ・ビートルズ:Get Back』を経て、2022年にジョンとポールの擬似共演がこうやって実現してしまうのは感動ものだわな。ピーター・ジャクソン、マジで偉い。

ゴーゴーズから多大な影響を受けたリンダ・リンダズの1stアルバム『Growing Up』と時期を合わせるかのようにリリースされたゴーゴーズのトリビュート・アルバム『If You Gotta Go-Go, Go-Go Now』は、20年前にブロンディをトリビュートした『How Many Bands …

やっぱりボウリング・フォー・スープの新作『Pop Drunk Snot Bread』のジャケットは『ダーティ・キッズ ぶきみくん』のオマージュというかパロディなのか。そもそも『ぶきみくん』自体がキャベツ畑人形のパロディなわけで、二重のパロディになっているという…

著作権解放戦線ことKLFのキャリアを追ったドキュメンタリー映画『Who Killed The KLF?』を観たんだが、最終的に(全て廃盤となっていた)彼等の過去音源のストリーミング配信が始まったことの宣伝になっていて、腐ってもKLFだと思わされたことだった。KLFは…

ミュージック・マガジン2022年5月号に掲載されているリンダ・リンダズのインタビューと、それに伴うライオット・ガール特集を読んだんだけど、リンダ・リンダズがインタビューで「ゴーゴーズのアルバムは全部最高」とまで言っていて、ゴーゴーズはライオット…

昔から思ってたけどグリーンデイのバスケットケースにちょい似てる。もちろんAURAの方が先。AURA - 愛・オーランド https://t.co/6b9Nds6ocG @YouTubeより — Tsuneglam Sam (@enust) 2022年4月21日 Basket Caseにチョイ似な部分があったが聴く度に胸が熱くな…

Rolling Stone Japan vol.18に掲載されている私がリンダ・リンダズにインタビューした記事がウェブ版に転載されております。これを読めば分かる通り、リンダ・リンダズは非常に聡明な人達でした! Rolling Stone Japan vol.18にはウェブ版には載っていないリ…

The “GUV IV” LP drops June 24th. Pre orders are live nowhttps://t.co/AklYmetttiArtwork once again by Braulio Amado The first single “Change Your Mind” co-written with James Matthew VII is out now wherever you stream music. Thank you for ke…

Amazonのほしい物リストの中から炭酸水と野菜ジュースを大量にご寄贈していただきました! ありがとうございます! どちらもこれで黒酢ドリンクを割って日々の疲れを癒したいと思います!

『Under The Big Black Sun: A Personal History Of L.A. Punk』では、序文を書いているグリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングも映画『ザ・デクライン』を観てLAパンクへの憧れを募らせていたことが分かり、改めて同作の影響力の強さを実感させ…