2024年4月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.27」を開催します。今回はケン・ローチの最高傑作の一つである大作『石炭の値打ち』の前後編を一挙に日本初上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

マギー・ロジャースは以前からライヴで「Harvest Moon」なんかをカヴァーしている人ではあったけれど、4月にリリース予定の新作のタイトル曲「Don't Forget Me」はめちゃくちゃニール・ヤング風だな。それこそ『Harvest』に収録にされていても不思議ではない…

サマーソニック2024の第1弾アーティストにラッパーが1人もいないところからもラップ/ヒップホップ業界のシュリンクが見て取れる。2015~2018年にラップ/ヒップホップがピークに到達してから漸減を続けているのがそろそろ可視化されてきた感じ(全体の売り…

無粋な話になるけれども、2021年のNAMIMONOGATARIでの騒動(&横浜アリーナ公演の中止)以降、BAD HOPに対する世間の評価と注目度は下がっていたように思うし、そもそもラップ音楽全体の売り上げがここ5年ほどで半分以下になっている現状(肌感覚として、コ…

ライム・ガーデンのデビュー・アルバム『One More Thing』を聴いていて、「Mother」がモロにトーキング・ヘッズの「Once In A Lifetime」だったのでもしやと思っていたら、やはりメンバー全員がトーキング・ヘッズのファンだそうです。

100 gecsの「Doritos & Fritos」が2022年4月にリリースされて、その4ヶ月後に同曲を下敷きにした「ケミカルカルマ」をリリースする愛はズボーンのスピード感。

ミッチェル・フルームが正式メンバーになってから2作目となる5月リリース予定のクラウデッド・ハウスの新作『Gravity Stairs』は、ジャケットがビートルズの『Revolver』のゆるいパロディで脱力してしまうものの、先行リリースされた「Oh Hi」はニール・フィ…

6月に日本公開予定のアレクサンダー・ペインの最新監督作『ホールドオーバーズ』ではキャット・スティーヴンスの名曲「The Wind」が効果的に使われているわけだが、2月21日に日本での配信が開始されるジュディ・ブルーム原作の映画『神さま聞いてる? これが…

近年は煮え切らないアルバムのリリースが続いていたから話題に上がらないのは仕方ないともいえるけど、ディジー・ラスカルの新作『Don't Take It Personal』は彼にとっては久々の快作に仕上がっております。2ステップを取り入れて完全に息を吹き返している。…

ワーナーとの契約~契約解消という長い道のりを経てようやくリリースされたL・ディヴァインの1stアルバム『Digital Heartifacts』は傑作。アコースティック・ギターを弾き語るオーセンティックなシンガー・ソングライターとしての彼女の姿が、エレクトロニッ…

昨年秋にヒップホップ色の濃い(ゴリラズをも彷彿とさせる)傑作『My Big Day』を発表したと思ったら、早くも2月に新作EP『Fantasies』をリリースするボンベイ・バイシクル・クラブ。お久しぶりのルーシー・ローズとの再タッグ曲「Willow」を含む女性シンガ…

予想当たった! リンダ・リンダズ東阪ツアー決定! 絶対行く!3月はペンパルズ(マフスの初来日公演の前座で観て好きになった)とナードマグネット(マフスのキム・シャタックなどへ向けたトリビュート・ソング「Detention」あり)の2マンライヴがあり、さら…

レスリー・ヘッドランドの監督・脚本作『愛とセックス』におけるビートルズとブルース・トラヴェラーとの執拗な比較を見ると、彼女がナターシャ・リオンと共に脚本を手掛けた『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』でハリー・ニルソンの「Gotta Get Up」が…

カイリー・ミノーグとシーアのコラボレーション再び! シーアがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたカイリーの2014年作『Kiss Me Once』があんまりヒットしなかったから、2人の共作はあれで打ち止めかと思ってたんだけど、まあ作品の売り上げは2人の関係…

2023年最後のサム・フリークスはトニ・コレット2本立てだったから、2024年最後のサム・フリークスはジョン・キューザック2本立てだな! 意外と上映権取れそうな雰囲気になってきた。場内BGMとしてポール・マッカートニーも流せるし(ポールの『バック・イン…

ケイト・ナッシュがキル・ロック・スターズと契約! 名曲「Kiss That Grrrl」から14年、2ndアルバム以降のライオット・ガール化がついに総本山から認められたわけだ。これはめでたい。さっそくキル・ロック・スターズからリリースされたシングル「Change」も…

毎月更新を楽しみにしているナードマグネットの須田さんの月間音楽まとめコラムこと「プレイリスト・ダイアリーズ」(サム・フリークスにもちょくちょく言及していただいててありがてー)で、ちょうど映画『ホールドオーバーズ』でも使われていたバッドフィ…

アレクサンダー・ペインの最新監督作である『ホールドオーバーズ』は超ハル・アシュビー調(その中でも特に『さらば冬のかもめ』風)なクリスマス映画なわけだが、劇中でキャット・スティーヴンスの名曲「The Wind」がフィーチャーされていることで、彼がサ…

【楽しい音楽の時間】世界的ヒットで知られるノルウェー発のソングライター:Sigrid @thisissigrid そして彼女と共に楽曲制作を行うAskjell @AskjellS がお琴体験に遊びに来ました!⁡https://t.co/xTy6mQCnIL pic.twitter.com/lDD7MdqDRg — ASUKA / 明日佳 (…

ナードマグネットとペンパルズの最高2マンライヴの翌日にダムドやリンダ・リンダズをまとめて観れるのはかなり嬉しい。リンダ・リンダズは1stアルバム『Growing Up』以降に発表された新曲がどれも非常に良かっただけに尚更。リンダ・リンダズは初来日のSUMME…

昨年のアルバム『This Is Why』も素晴らしかったパラモアによるトーキング・ヘッズ「Burning Down The House」のカヴァー! 映画『ストップ・メイキング・センス』でのヴァージョンを下敷きにしたアレンジで、ビデオには(『ストップ・メイキング・センス』…

フライトのウィル・テイラーが「Sigrid: My Neil Young Fan Story」に出演してシグリッドとニール・ヤングの「Cinnamon Girl」をデュエットしていて気付かされたんだが、フライトの「There's A Woman」ってサウンドから何からめちゃめちゃ「Cinnamon Girl」…

『ポップスが最高に輝いた夜』は80年代の『笑っていいとも!グランドフィナーレ』こと「We Are The World」制作の舞台裏を追ったドキュメンタリー映画。スーパースターが大集結したスタジオで、「今このスタジオに爆弾が落ちたら、(スターが全滅して)ジョ…

『Fremont』はヴァシュティ・バニヤンの名曲「Diamond Day」大フィーチャー映画。それだけでだいぶ印象が良くなる。

シグリッドがMCを務めるBBCラジオのニール・ヤング特集「Sigrid: My Neil Young Fan Story」の後編! (前編はこちら)今回はシグリッドとフライトのウィル・テイラーが「Cinnamon Girl」をデュエットでカヴァー! シグリッドが12歳の時に学校の発表会で「My…

グレイトフル・デッドのドラマーのビル・クルーツマンの息子のジャステインが中心となって結成された、デッドの遺志を受け継ぐジャム・バンドであるサークルズ・アラウンド・ザ・サンが4月にミカエラ・デイヴィスとの長尺コラボレーションEP『After Sunrise…

2022年の1stアルバム『Guitar Music』はポスト・パンク風味の捻くれギター・ロックだったコーティングだが、本日リリースされた新作『New Last Name』では(捻くれた部分は残しつつも)The 1975に相通じるものがある軽快でポップ極まりない楽曲を奏でるよう…

『オッペンハイマー』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたことをアイルランドの実家で知ったというキリアン・マーフィー。彼がケン・ローチの『麦の穂をゆらす風』に主演した際には、この実家から撮影に通ってたってのは凄くいい話。キリアンの父親…

新作制作の為に日本滞在中のシグリッドがMCを務めるBBCラジオのニール・ヤング特集「Sigrid: My Neil Young Fan Story」は、シグリッドの家族が総出演で彼への思い入れを語りまくる非常に面白い内容だった。何しろシグリッドの両親は共にニール・ヤング好き…

「サム・フリークス Vol.26」にご来場いただき誠にありがとうございました! 皆様のおかげで59130円のドネーションが集まりましたので、さっそく認定NPO法人 3keysへの振込手続きを行ってまいりました(「181001」は振込み識別用のID番号です)。次回のイベ…

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストをサム・フリークス Vol.26の最新版に更新いたしました。今回は2024年1発目のサム・フリークスということで、上映作品の内容を踏まえつつ2023年に印象的だった音楽の総まとめといった感じです。とりあえずベサニー・…