2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

「すげえベースライン!ジェイムス・ジェマーソンやべえ!」と思ったベースはたいていキャロル・ケイ #モータウン — 𝙏𝙖𝙠𝙖𝙜𝙞 𝙎𝙤𝙩𝙖 (@TakagiSota) 2012年6月3日 キャロル・ケイ女史が超売れっ子になったのはフェンダーベースをピック弾きでギターアンプ出力す…

すげえ、異色のポップ・パンク作『Tickets To My Downfall』で初の全米1位だ。というかマシン・ガン・ケリーってこれまで全米1位獲ったことなかったのか(1stと2ndの4位が最高位だったらしい)。

津村記久子の『ミュージック・ブレス・ユー!!』を文庫版で読み直していて気付いたんだが、これって単行本版と比較すると、物語中で言及されるミュージシャンが時代に即してアップデートされてますね。単行本が手元にないので記憶に基づいた話になってしま…

ナンシー・マイヤーズの監督・脚本の下に『花嫁のパパ』のキャストが再集結! というか、これは『花婿のパパ』だ。新キャストにフローレンス・ピュー&ベン・プラット、そしてアレクサンドラ・シップ! きちんと前2作を尊重したナンシー・マイヤーズ映画にな…

ケリー・ライカートの『First Cow』は19世紀のアメリカ西部を舞台にした中国人とアメリカ人の友情物語というところで『Thousand Pieces Of Gold』を思い出したりした(こちらでも引き合いに出している人がいましたね)。『Thousand Pieces Of Gold』は最近リ…

そういえば津村記久子の『ミュージック・ブレス・ユー!!』でもブリンク182の「Carousel」が重要な役割を果たしてたすよね。やはりブリンクは偉大。

屈指のラップ巧者であり、俳優として『Punk's Dead: SLC Punk 2』では嬉々としてドワーヴス等と共演し、『ザ・ダート: モトリー・クルー自伝』ではトミー・リー役を演じていたマシン・ガン・ケリーがポップ・パンク・アルバム『Tickets To My Downfall』を発…

『メイキング・オブ・モータウン』で「モータウンは女性も白人も平等に起用するレコード会社であった」としながらも、60年代のモータウン・サウンドにキャロル・ケイといった白人女性ベーシストやレッキング・クルーといったLAの(主に白人の)セッション・…

「ローリングストーン誌が選ぶ歴代最高のアルバム500選 2020年改訂版」、何気にビッグ・スターとヴェルヴェット・アンダーグラウンドが全アルバムランクインしているのは凄い(『In Space』と『Squeeze』は位置付けが違うので無視してください)。だって他に…

「ローリングストーン誌が選ぶ歴代最高のアルバム500選 2020年改訂版」は保守的なローリングストーン誌にしてはなかなかに攻めたランキング(こちらの一覧の方が見やすいかも)。マーヴィン・ゲイの『What's Going On』が1位なのはBlack Lives Matter運動を…

TOKYO ALARM feat. 原島''ど真ん中''宙芳&GAPPER Shun Maruno ヒップホップ/ラップ ¥255 provided courtesy of iTunes 意外とありそうでなかった組み合わせ。相変わらずバチバチに韻が固い宙芳さん。「シンデレラとシフト交代制/かぼちゃじゃなくて東上線…

『メイキング・オブ・モータウン』は「正史」としてああいう内容になるのは当然だとは思うものの、60年代のモータウンのヒット曲はデトロイト録音/ファンク・ブラザーズによる演奏だけではなくて、LA録音/レッキング・クルーの演奏によるものも多く含まれ…

特集上映:サム・フリークス Vol.11 特集上映イベント「サム・フリークス」の第11回! 今回の1本目はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』、2本目は児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』を上映…

作家の津村記久子がボブ・モウルド/シュガーについて熱く語ってるの最高すね。ボブ・モウルドの『Patch The Sky』はマジで傑作。あとハスカー・ドゥの最高傑作はその後のシュガー路線に繋がるパワー・ポップ・アルバム『Flip Your Wig』。新作『Blue Hearts…

ケイティ・ペリーの新曲「Smile」はノーティ・バイ・ネイチャーの「Jamboree」をサンプリングしてベニー・ゴルソンの「I'm Always Dancin' To The Music」を孫引きしてるっすね。つまりブッダ・ブランド(ILLMATIC BUDDHA MC'S)の「TOP OF TOKYO」と同じネ…

映画館の収容率規制の緩和を受けまして、「サム・フリークス Vol.10」の前売り券の追加販売を開始いたします。今後の様子を見つつということで、途中で急に締め切る可能性もありますのでご理解いただければと思います。引き続き何卒よろしくお願い致します。

『Unpregnant』は「We're gay and pregnant!」な少女2人(ヘイリー・ルー・リチャードソン&バービー・フェレイラ)が中絶をする為にニューメキシコを目指す旅を綴ったロードムービー。ブレッキン・メイヤーを出演させて『ロード・トリップ』へのオマージュ…

ミッシェル・ガン・エレファントの「バードメン」の楽曲タイトルの元ネタであるレディオ・バードマンのキャリアを追った映画『レディオ・バードマン/ディセント・イントゥ・メールストロム』が日本公開された。ミッシェル・ガン・エレファントというバンド…

マイケル・ジャクソンの「Human Nature」をサンプリングしているビッグ・ショーンの新曲「Don Life」は、同曲をサンプリングしているナズのクラシック「It Ain't Hard to Tell」の記憶も重なってきて、しかもフィーチャリング・ゲストがリル・ウェインという…

『Float Like A Butterfly』はモハメド・アリに憧れる少女を描いた、アイルランド版『ガールファイト』というべきボクシング映画。 名作『ザ・コミットメンツ』には「アイリッシュはヨーロッパの黒人だ!」という名台詞があったが、アイリッシュの中でもさら…

まあでも『ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション』は元ランナウェイズのヴィッキー・ブルーが監督したジョーン・ジェット不参加の酷いドキュメンタリー『Edgeplay: Film About The Runaways』に比べれば全然真っ当というか、ヴィッキー・ブルー在籍…

やっぱりオーストラリアは『渚にて』の国だけあって、終末を描くにしてもどこか余裕のある感じがするな。核戦争が起こっても何が起こっても最後に残るのはオーストラリア。

ど真ん中ラジオが待望の復活! 楽しみすぎる! お久しぶりです。ど真ん中ラジオ、9.23に恵比寿TIME OUT CAFEで行います。ゲストは酒井ノブ氏をお招きしてお送りします。時間等詳細はまた追って。 — ど真ん中ラジオ (@domannaka_radio) 2020年9月8日

「サム・フリークス Vol.9」にご来場いただき誠にありがとうございました! 皆様のおかげで50720円のドネーションが集まりましたので、さっそく認定NPO法人 3keysへの振込手続きを行ってまいりました(「181001」は振込み識別用のID番号です)。10ヶ月以上に…

昨年の『アンブラ・アカデミー』に続いてレイチェル・リー・クック主演の『ラブ・ギャランティード』でもティファニーの「I Think We're Alone Now」が超大フィーチャー。『カセットテープ・ダイアリーズ』でもそうだったが、ティファニーのような80年代後半…

9月6日の「サム・フリークス Vol.9」は打ち上げ代を稼ぐ為に当日券も若干数販売するのでどうぞよろしくでーす。そして365酒場に1杯150円のチューハイを飲みに行きましょう!

『ゲット・デュークト!』は英国の階級社会/格差社会を反映した捻くれコメディ。「スコットランドではパン泥棒以上の大きな事件は起きません!」なんてギャグが楽しめるのが英国コメディの醍醐味ってなもんでしょう。ちなみにラン・ザ・ジュエルズ「Out Of …

原島宙芳さん御用達の東武練馬のむさし乃に再び足を運ばせていただきましたが、今回も酒が濃くて最高でした! 公開前戯の映画上映会に1500円も払えねーよという話ができたのも最高!

バディもの映画の久しぶりの続編というと主人公達が疎遠になっているパターンが多いものだけど、『Bill & Ted Face The Music』でのビルとテッドは前作から30年近く経ったのに相も変わらずに仲が良い。娘達(サマラ・ウィーヴィング&ブリジット・ランディ=…