2020年8月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

PUNPEEの新作『The Sofakingdom EP』にもちょこっと参加しているメテオの新曲は「悪霊退治」シリーズの第8弾。このシリーズは「緊急事態コロナ編」のPart.15とPart.16が先行リリースされてしまったので、順番がどうにも変なことになっちゃいましたな。それに…

たとえばウイングスの『Band On The Run』はかつてSPEEDもパクったぐらいの名ジャケットだけど、想像力を掻き立てられる余地/余白があると名ジャケットになりやすいってのはあるかもしれない。ビートルズの実質的なラスト・アルバムである『Abbey Road』の…

たとえばマフスはジャケットの平均点が物凄く低いバンドだけど、3rdアルバムの『Happy Birthday To Me』とラスト・アルバムの『No Holiday』のジャケットだけは名盤感ありますよね。実際、自分がマフスを聴き始めたのも『Happy Birthday To Me』のジャケット…

とりあえず『カセットテープ・ダイアリーズ』の主人公は、みのミュージックのこの動画でも見とけ。

昨年の年間ベスト10にも入れた映画『Blinded By The Light』が『カセットテープ・ダイアリーズ』という邦題で7月3日から公開されるので、音楽に力を貰ったことがある人、音楽で人生が変わったことがある人には是非観てもらいたいっす。で、予告編にもあるよ…

https://psbelectronica.tumblr.com/post/27931996830/i-just-watched-ghost-world-and-i-noticed-this-the psbelectronica.tumblr.com 「サム・フリークス Vol.10」の作品紹介文で『マリアンの友だち』が『ゴーストワールド』の元ネタだって話を書いたけど…

8月1日(土)に渋谷ユーロライブではみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」が開催されます。5月に一度延期になったので、今回はきちんと開催しますよ! 『パパとマチルダ』と『少女ジュリエット』、どちらも劇場初上映! 2本で1345円。20年…

このリストだと、ラモーンズの最初の3枚の中で『Leave Home』のみが選外となっているけど、自分はここ5〜6年ぐらいは最もポップな『Leave Home』派なんすよね。あと4枚目以降だとラモーンズ版パワー・ポップな『Pleasant Dreams』が最高。それはともかくとし…

2020年上半期の音楽ベスト10です。ハイムとかジェシー・ウェアの新作も傑作だと思うけど、まだ聴き込んでいないので下半期に回します。とりあえずハイムの新作はモロにジョニ・ミッチェルな「Man From The Magazine」が最高すね。haruru犬love dog天使の赤裸…

6月に発売された『「百合映画」完全ガイド』において、私こと岡俊彦が「飲み会で映画の話をする人間」として登場しています。ありがたやー。サム・フリークス等の私のイベントで上映した『まどろみのニコール』や『マッド・メアリー』、12月に上映する『タイ…

岡さんの記事(https://t.co/zZMrK0PSEy)でシャイリーン・ウッドリー主演と知って見てきた「アドリフト 41日間の漂流」、よかった。今年一番好き、くらいの勢い。最後の歌に落涙してしまった。ウッドリーは製作兼、バルタザール・コルマウクル監督。 — yako…

L⇔Rの「Circling Times Square ~さよならタイムズスクエア~」(作詞作曲:嶺川貴子)って映画『タイムズ・スクエア』が元ネタだったのか。たしかに「モニターの彼女はスター/屋根の上 一人歌う/Hop place のら犬も/この街じゃラッキー・スター」って歌…

アップリンク代表浅井隆氏から19日に発表された「謝罪と今後の対応について」に対する原告Eのメッセージ pic.twitter.com/rTrbX8S4bC — UPLINK Workers' Voices Against Harassment (@UWVAH) 2020年6月22日 だから「「映画」や「映画館」という建築物よりも…

『子供たちをよろしく』について「トム・ウェイツが主題歌の映画としてはジェニファー・ジェイソン・リー製作・主演の『ジョージア』に匹敵する傑作」と書いたけど、現在公開中の『アドリフト 41日間の漂流』もトム・ウェイツ主題歌映画の良作だぞ。『ポロッ…

ニール・ヤングの新作(と言っていいのだろうか)『Homegrown』が素晴らしすぎる。この作品、もともとは『渚にて』と『Zuma』の間に録音されていたアルバムで、当時は「パーソナルすぎる」という理由でお蔵入りとなり、代わりにリリースされたのが名作『今宵…

進化の研究をしているものですが、ダーウィンはそんなことひとことも言ってません。ダーウィンの進化論を間違って広報するのはやめてください。お願いですから、この漫画、撤回してください。 https://t.co/0HAIUsnDlG — 村上貴弘 (Murakami Takahiro) (@Fun…

彼女に若干軽蔑されるぐらいギリギリの生活を送っていることで有名な常川拓也さんに、「サム・フリークス Vol.9」で上映する『マイアミ・ブルース』と『サム・フリークス』についてのコラムを書いていただきました! 2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブに…

あっこゴリラも言ってたけど、「当事者以外が声を上げなかったらマイノリティの問題すべて無解決」だからね。これはサム・フリークスで児童支援をしていることとも少なからず繋がってくるんだけど、たとえば子供自身が声を上げるのがいかに大変かは簡単に想…

来年の3月に開催したい「サム・フリークス Vol.11」の作品紹介文を書いてみました! こんな感じでどうでしょうか? 上映権を取得できるかは不明です! 「サム・フリークス Vol.11」ではストリートで生きる子供達を描いた2作を上映する。『Kidulthood』はノエ…

Kamui主催のライヴ・イベントであるMudollyの常連で、毎回サム・フリークスにも来てくださる最高のヒューマニストの方から天使の美肌水さっぱりをドネーションしていただきました! 今後開催のサム・フリークスの上映権料や会場費としてすでに70万円近く払い…

Netflix7月1日配信予定『若草物語』出演はスーザン・サランドン、ウィノナ・ライダー、ガブリエル・バーン、トリニ・アルヴァラード、サマンサ・マシス、キルステン・ダンスト、クレア・デインズ、クリスチャン・ベイル。https://t.co/zzINsfPBxV pic.twitte…

『若草物語』は「貧乏って嫌ね」と語る話だったと記憶してるけど、この衣装を見る限りそれほど貧しい感じはしない。あれは中流の中の貧乏という意味だったのか、グレタ・ガーウィグがその辺を描写してないのかどちらなんだろう。 https://t.co/iEv7PqeFbG — …

『タイムズ・スクエア』からの流れとして「ストリートで生きる子供達」を描いた『Kidulthood』と『子供たちをよろしく』の2本立てという企画を思いついたので、来年3月に開催したい「サム・フリークス Vol.11」は上映権が上手く取得できればこれで行きたい。…

先日、玄米を寄贈して頂いたyama_qu様から、今度はかどやの純正ごま油とラサーナの海藻海泥シャンプー3本セットをドネーションしていただきました! ありがたやー。かどやの純正ごま油で生きていくために必要不可欠な脂質を健康的に摂取できるのみならず、ラ…

『タイムズ・スクエア』の日本語字幕の制作状況はラジオ局でのスタジオ・ライヴのところまで終わったので残りは40分ぐらい。この映画はもともと主人公2人の同性愛要素が強めの内容であったのに、映画会社の意向でそうしたシーンが大幅にカットされてリリース…

マンチェスター・シティFCのゴールキーパーであったバート・トラウトマンの半生を描いた映画『The Keeper』はノエル・ギャラガーの「The Dying Of The Light」が主題歌だった。さすがはマンチェスター・シティFCのサポーター。チーム愛に溢れてるね。そうい…

そういえば、すっかり忘れてたけどカジヒデキの4thアルバム『the fireworks candy & puppydog store』のジャケットは『マリアンの友だち』ネタだったすね。というわけで「サム・フリークス Vol.10」の上映作品はどちらも音楽好き必見!と思います。

「本当にあった新世紀エヴァンゲリオン 第13話」公開しました。自分で言うのも何ですが今回大作です🧘‍♂️https://t.co/PLL7KgAReL pic.twitter.com/XqoS7PK0nn — 粗悪ビーツ (@soakubeats) 2020年6月11日 今回のSoakuflix面白すぎた。

ビルト・トゥ・スピルの新作『Built To Spill Plays The Songs Of Daniel Johnston』は、彼等が2017年にダニエル・ジョンストンのラスト・ツアーにバックバンドとして起用された際にリハーサルも兼ねて録音したカヴァー音源をまとめたお蔵出しアルバム。そう…

いちおう書いていくと、映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』でのグウィネス・パルトロウの常に毛皮を羽織っているスタイリング&髪型は『マリアンの友だち』が元ネタなんで、そこんとこよろしくです。そんなことを抜きにしても、『マリアンの友だち』は山…