2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品はブライアン・クラーノの『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)とケン・ローチの『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

あれからさらに気付いたけど、アジカンの新作のラストを飾る「ボーイズ&ガールズ」の元ネタってロングピッグスの「Lost Myself」っすね。ファルセットの使い方などまで含めてかなり意識したサウンドになっていると思う。アジカンは『ランドマーク』のラスト…

アジカンの新作の『ホームタウン』収録の「さようならソルジャー」のベースラインは既聴感があるなあ、と思ったけど、この元ネタはストーン・ローゼズの「She Bangs The Drums」っすね。他にも「サーカス」がモロにウィーザーの「Undone - The Sweater Song…

8月に神戸で開催された『グッド・ヴァイブレーションズ』×『ノーザン・ソウル』上映会 in 神戸で配布されたフリーペーパーに私が寄稿した『グッド・ヴァイブレーションズ』と北アイルランドについての3000字超の解説コラムがAfter School Cinema Clubさんの…

来年1月にレイ・シュリマーの来日公演が決定! 東京だと1月16日にレイ・シュリマーで、17日にジェインじゃないっすか。これはヤバイでえ。

このTENG GANG STARRのインタビュー、過去最高だな。「カッコイイ音楽やカルチャーは差別や国境を飛び越える。たとえば韓国に対するヘイトスピーチとかあるわけじゃないですか。でもK-POPがカッコイイってことで、若い子はキャーキャー言って観に行くわけで…

ジェインの初来日公演が来年1月に決定! 今年出た『Souldier』はTENG GANG STARR&あっこゴリラと並ぶ2018年ベスト・アルバム最有力候補なんで、これは絶対に絶対に行きます。チケットも4000円と安いし。 登場人物が自分達を縛り付ける糸を振りほどいていく…

近年の『グッド・ヴァイブレーションズ』『アメリカン・ハニー』『マイアミ』などでスーサイドの「Dream Baby Dream」がフィーチャーされていたり、ティモシー・シャラメ主演作の『Hot Summer Nights』でマーティン・レヴ「I Heard Your Name」がフィーチャ…

あっこゴリラ/GRRRLISM ★★★★★ 改めてあっこゴリラのソロとしての配信デビュー曲「ブラコン万歳!」(後の「純粋培養」)を聴いてから本作を聴くと、他人の目を気にせずに自分を貫くことが大切なんだ、そういう人こそがかっこいいんだ、という根源的なテーマ…

映画『Ideal Home』(監督:アンドリュー・フレミング)観賞。★★★★。 『ザ・クラフト』に『キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!』に『セイブ・ザ・ワールド 』に『美少女探偵ナンシー・ドリュー 』と、役者のチャームを引き出すのがに異常に上手い…

アリアナ・グランデの新曲「thank u, next」のPVが『キューティ・ブロンド』『ミーン・ガールズ』『チアーズ!』『13 ラブ 30』のパロディ。『クルーレス』をパロっていたイギー・アゼリアの「Fancy」から時代が進んでパロディ対象が90年代の学園映画から00…

あっこゴリラさんのメジャー・デビュー・アルバム『GRRRLISM』の発売を記念したワンマン・ライヴが、12月9日(日)に渋谷WWWXで開催されます! これを記念して、私のイベント「サム・フリークス」の方でもチケプレを行います。「サム・フリークス Vol.3」も…

12月15日(土)と16日(日)に座・高円寺2で開催されるコメディ映画特集「傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭」での日本初上映が決定したタイカ・ワイティティの『Boy』は、(タイトルからも分かるように)バカでピュアな「Boy」についての映画を撮り…

アルバム『GRRRLISM』の発売を目前に控えたあっこゴリラだけど、このタイミングで彼女の実質的なソロ・デビュー曲「ブラコン万歳!」(今でも無料ダウンロード可能。後に「純粋培養」に改題)を改めて聴くとジンワリ感動しちゃうな。これはあっこゴリラ版「P…

映画『Skate Kitchen』(監督:クリスタル・モゼル)観賞。★★★★。 ニューヨークのスケーターの少女達の日常を描いた『ロード・オブ・ドッグタウン』+『アメリカン・ハニー』+『ガールフッド』といった感じの青春映画。タイトルは本作の主演に起用された実…

Netflixの最新クリスマス映画『クリスマス・クロニクル』は『潮風のいたずら』の男女逆転版リメイク『Overboard』が公開された年に相応しいカート・ラッセル主演作だった。ジョン・カーペンターの『ザ・シンガー』を踏まえたカート・ラッセルのプレスリーっ…

「サム・フリークス Vol.3」で上映するケン・ローチの『ブレッド&ローズ』はまさにこういうテーマを扱っているのでぜひ観てもらえたら嬉しいっす。人間の尊厳についての映画です。「サム・フリークス Vol.3」に来場していただければ、虐待を受けたり貧困下…

【告知】24日開催フジマル文化祭VOL.3に、あっこゴリラ応援企画「10万人に届け #GRRRLISMバズ」とコラボにて急遽あっこゴリラさんのライブが決定しました‼️ライブハウスやクラブでもない溝の口の小さなクラフトビール屋さんでのライブは激レアだと思います。…

10月31日は東京国際映画祭で『カンボジアの失われたロックンロール』(1960年代から70年代前半にかけて活躍したカンボジアのミュージシャンの多くがポル・ポト政権下で殺害された話)を観てからポール・マッカートニーの来日公演に行ったんだけど、よく考え…

映画『Juliet, Naked』(監督:ジェシー・ペレッツ)観賞。★★★。 倦怠期の夫婦の下に隠遁生活を送っていた伝説的なロック・ミュージシャンが現れて…というニック・ホーンビィ原作の最新映画化作品。タイトルの『Juliet, Naked』とは何のことかと思ったらビー…

カップケイクの新作『Eden』のラストを飾る「A.U.T.I.S.M」が素晴らしい。自閉症の人達に寄り添う想いをひたすら真っ直ぐに綴っており、曲調からも分かるように泣かせの要素ゼロ。エイズを「泣かせの為の道具」としか思っていないような酷い映画(『ボヘミア…

映画『ボヘミアン・ラプソディ』に対する真っ当な批判記事。この作品に対して「時系列が違う」「史実と違う」として批判している人が多いのは、「時系列が違う」「史実と違う」こと自体を批判しているのではなくて(そんな伝記映画は腐る程ある)、それによ…

欧米の評論家も指摘していないことを書いておくと、「サム・フリークス Vol.4」で上映する『リリア 4-ever』でリリアが「人形が欲しい」という独白をするシーンは、つまりはルーカス・ムーディソン流に「パンとバラ」の話をしているわけです(そして、ここか…

あっこゴリラさんの「GRRRLISM TV#2」に(ポール・マッカートニーの来日公演帰りの酔っ払った状態で)出演して1分ほど喋っておりますー。ありがたやー。とりあえずあっこゴリラさんの新曲「GOOD VIBRATIONS」が最高の名曲なのでぜひ聴いてくれー。アルバム『…

BAD HOPの武道館公演、運良くアリーナ席の最前列で観賞させていただきました。ありがとうございました。サウンド面では低音の立ち上がりの悪さ故にキックが微妙に遅れて聴こえるという問題があったけど、BAD HOPのパフォーマンス自体は最高でした(というか…

GOOD VIBRATIONS × GEN (from 04 limited sazabys) あっこゴリラ ヒップホップ/ラップ ¥250 provided courtesy of iTunes おいらが日本語字幕を付けて自分で上映した映画『グッド・ヴァイブレーションズ』がインスピレーション元になったというあっこゴリラ…

haruru犬love dog天使のデビュー作の『lost lost dust dream』、トラップ時代の正しいシンガー・ソングライター・アルバムって感じで最高じゃないっすか。ニートtokyoのインタビューで本人も言ってたけど、不穏さと妙な凄みを感じさせる震えまくりの歌声/ラ…

相変わらず『ボヘミアン・ラプソディ』についてグダグダと書いてしまうけど、映画の前半で「口パクはクイーンのスピリットに反する!」という場面を作っておきながら、フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックの歌は最初から最後までフレディー・マーキュ…

これは瑣末事ではあるんだけど、『ボヘミアン・ラプソディ』で「そこは描かないんだ」と思ったのは、『A Night At The Opera』(と『A Day At The Races』)がマルクス兄弟の映画のタイトル(『マルクス兄弟オペラは踊る』『マルクス一番乗り』)をそのまん…

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を改めて振り返ってみると、実際にフレディ・マーキュリーがHIV陽性であることが判明したのは1987年で、1985年のライヴ・エイドの時点では当人ですらそのことを知る由もなかったわけで。つまり、ただの「快心のライヴ・パフォ…