2019年7月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.5」を開催します。上映作品は『まどろみの二コール』(日本初上映)と、『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞作品賞を受賞したトム・マッカーシーの監督デビュー作『ステーション・エージェント』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

『Hellion』この映画未見なんですがポスタービジュアルだけで100億点超え。素晴らしいな pic.twitter.com/DmGuAuCYbt — Bellissima (@BellissM) April 7, 2019 ちょっと前にブルース・マクドナルドの『地獄(原題:Hellions)』についての上記のようなツイー…

『Weirdos』を手掛けた監督:ブルース・マクドナルド&脚本:ダニエル・マクアイヴァーのコンビの前作『Trigger』は中年女性ロッカー2人の友情と愛を描いた、『Hard Core Logo』シリーズのスピンオフ作品。主演のトレイシー・ライトが癌に蝕まれていく中で撮…

『ダンプリン』は日本以外の国だと昨年末からNetflixでの配信が始まってたんだけど、日本での配信開始が5月3日に決まったということで改めてアメリカのNetflixを確認したらすでに日本語字幕と日本語吹替が追加されてましたね。やっぱり最高の映画っす。

カナダの鬼才監督ブルース・マクドナルドの最新劇場公開作品である『Weirdos(変態たち)』は、1976年を舞台にゲイの少年が幼馴染の少女と共にカナダのシドニーを目指して旅をする話。オープニングでニルソンの「孤独のニューヨーク( I Guess The Lord Must…

大傑作『インスタント・ファミリー 本当の家族見つけました』の日本盤Blu-ray/DVDが6月19日にリリース! 5月は日本のNetflixでも『Dumplin'』の配信が始まるし、アメリカ映画の真骨頂というべき作品を2ヶ月連続で観れるのはヤバすぎる。もう観てるけど改めて…

10月20日開催の「サム・フリークス Vol.6」で上映されるであろう2作品の貴重な日本版VHS。1970年に英国で公開された『若草の祈り(原題:The Railway Children)』は本国では児童映画クラシックで、この作品を観て育った子供達が大人になってレイルウェイ・…

imdkmさんの佐々木俊尚ディスはいつでも最高。おいらも佐々木俊尚および彼のツイートをRTする輩は底の浅いカスだと思ってます。

就職活動や転職活動で落選し続けると、自分自身の存在を否定されているかのようで、精神的に物凄く堪えるじゃないっすか。でも、養護施設で暮らす親のいない子供達は、養子を求める親候補の人々が日々現れては消えていく環境の中で生活しているわけで、あの…

おいら的には現時点で今年のベスト1映画である『Instant Family』が『インスタント・ファミリー 本当の家族見つけました』という邦題でDVD・配信スルーでのリリースが決定! 販売元はNBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社。何はともあれ、…

ゆるふわギャングのNENEも参加しているケミカル・ブラザーズの新作『No Geography』はアシッド・ハウス色が濃いめの仕上がりでなかなかいい感じ。円熟したポップネスを放つケミカル・ブラザーズ版『人間と動物』といった趣き。

ちなみに『荒野にて』という邦題は抽象的すぎてあまり良くないと思う。というか、これだと『Lean On Pete』というタイトルで少年とピートの関係性についての話だと思ったら…というプロット上のツイストの効果を弱めてしまっているので。『Lean On Pete(ピー…

アンドリュー・ヘイの『荒野にて』については以前に「『ケス』+『SWEET SIXTEEN』という感じで、アンドリュー・ヘイのキャリア史上もっともケン・ローチ色の強い作品」と書いたので、インタビューの冒頭で『ケス』に言及した常川拓也さんはナイス(実際にア…

日本最高の映画祭こと第28回レインボーリール東京の開催が発表されましたが、7月6日に開催する「サム・フリークス Vol.5」と日程が一部被ってしまい大変申し訳ありませんでした! そりゃあまあレインボーリール東京は7月12日以降のスパイラルホールでの開催…

ブリー・ラーソンの活き活きとした表情が最高だった『キャプテン・マーベル』(監督は「サム・フリークス Vol.2」で上映した『シュガー』のアンナ・ボーデン&ライアン・フレック)。さて、「エラスティカを2019年も忘れてないのは私だけかとあきらめてた」…

「サム・フリークス Vol.4」の打ち上げで話したよもやま話としては、 ・私の上映イベントは、できるだけ作品の男女比が均等になるように2本立てのプログラムを組んできたんだけど、そういうところまで気付いてくれた人はさすがにいない(いわゆるシネフィル…

ちなみに次々回の「サム・フリークス Vol.6」は10月20日(日)に開催いたします。オーストラリア映画界おける女性活躍の道を切り開いた記念碑的な傑作『わが青春の輝き』の本国公開40周年を記念して、「文芸フェミニスト映画」という括りで2本立てをお届けす…

「サム・フリークス Vol.4」にご来場いただき誠にありがとうございました! 皆様のおかげで41060円のドネーションが集まりましたので、さっそく認定NPO法人 3keysへの振込手続きを行ってまいりました(「181001」は振込み識別用のID番号です)。3keysでは1人…

サム・フリークスが赤字続きなことをグッチーズ・フリースクールの降矢さんに打ち上げでグチったら『ルイジアナ物語』と『エストラパード街』のDVDをくれました! 優しい&太っ腹! ありがとうございます! 公式発売日は6月19日だそうです!おいらも観終わっ…

サム・フリークス Vol.4にご来場いただいた皆様ありがとうございました! とりあえず大阪在住のナードマグネットの須田さんが名古屋でのライヴ明けに渋谷まで来てくれたのが頭おかしくて最高でした! ナードマグネットの新曲「バッド・レピュテイション」は…

2018年を代表する大傑作映画だった『Dumplin'』がようやく日本のNetflixでも5月3日から配信されるよー。もう予告編を観るだけでも感動で打ち震えてしまいますです。既存の(人を苦しめる)保守的な価値観に対する真摯なプロテスト。『アイ・フィール・プリテ…

りゅうちぇるのデビュー・アルバム『SUPER CANDY BOY』が素晴らしい。初期カイリー・ミノーグやバナナラマを彷彿とさせるストック・エイトキン・ウォーターマン風のユーロビート・サウンドを基調に、彼のキャラクター性を活かしたキッチュな味わいはヘレン・…

Mall BoyzのTohjiって麻布学園出身なのか。おいらと一緒じゃないっすか。勝手に親近感。曲は新世代感バリバリのエモラップでもちろん最高。

最近観た映画だと『ビリーブ 未来への大逆転』が素晴らしかった。クライマックスに「演説」を置くのは感動の押し付けになりがちなアメリカ映画の悪癖であると思っているんだが、本作のそれは徹底的にロジカルに性差別の問題を解きほぐしていく。つまり、先例…

ど真ん中ラジオ1周年おめでとうございます! あの規模で仙人掌さんのトークをたっぷり聞けて最高でした! フリー日本酒のおかげでスーパー2日酔いになりましたが、ゲロ&大便(&郭泰源)で復活できました。人の優しさと酒を肌で感じることのできる音楽好き…

髪型wwwwwww https://t.co/L2OnzgxVNx — Takkyu Ishino/石野卓球 (@TakkyuIshino) April 4, 2019 pic.twitter.com/5hzCi59CPR — Takkyu Ishino/石野卓球 (@TakkyuIshino) April 4, 2019 やっぱり石野卓球は最高。

4月7日(日)に渋谷ユーロライブで開催される「サム・フリークス Vol.4」はルーカス・ムーディソンの傑作を2本立てで上映いたします。この機会を逃すと日本ではもう観れないかもしれない作品たち(特に『ニュー・カントリー』)なので忘れずによろしくお願い…

改めてあっこゴリラさんがインスタグラムでキャトリン・モランの『女になる方法 ―ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記―』を推薦してくれているのがすごく嬉しい。これは名著だと思うし、私があっこゴリラさんにお薦めした本でもあるので。著者がもとも…

現時点での今年の映画ベスト1はダントツで『Instant Family』なんだけど、この作品の主題歌としてスターシップの「Nothing's Gonna Stop Us Now」が使われたおかげで、もともとは『マネキン』の主題歌だったこの歌も30年越しでようやく救われた感じ。「君と…

シグリッドの傑作『Sucker Punch』収録曲の中でモロにカーリー・レイ・ジェプセンの「Call Me Maybe」路線だった「Don't Feel Like Crying」のPV。というか、これだったら『Sucker Punch』のジャケット撮影も兼ねたスマホ向けのバーティカル・ビデオ版の方が…

スリーパーの再結成アルバム『The Modern Age』はプロデューサーとしてスティーヴン・ストリートまで召喚してかなり慎重に『The It Girl』期のブリットポップ・サウンドをなぞっている印象なんだが、ソングライティング自体は『Pleased To Meet You』(1円で…