2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

今年のマイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルに出品された『フェイク・タトゥー』は、とにかく監督のパスカル・プランテがアゲインスト・ミー!を大好きなことはよく分かった(「Jordan's First Choice」と「Sink, Florida, Sink」の2曲を大フィーチャー…

Netflixで新たに始まった『アンブレラ・アカデミー』は原作を元マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイが書いてるからそういう内容になるのは当然っちゃあ当然なんだが、第1話のオープニングからしていきなりキンクスの「Picture Book」を大フィーチ…

元カリスマブラザーズのみのが選ぶ好きなアルバム50選。ここまできちんとポップス/ロック史を踏まえた上で、シド・バレットの歌詞の符割りが面白いとか、ストーンズの『Their Satanic Majesties Request』の「ぎこちないサイケ感がいい」とかしっかり自分な…

パスワード シンドローム さだまさし J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes さだまさしの三連フローやばいな。カルヴィン・ハリスの曲かと思った。

──スウェーデン映画の観点から見れば、強い女性主人公を持つあなたの作品のある種の荒々しさや反骨精神は、ルーカス・ムーディソンを想起させるところもあります。日本で4/7(日)にルーカス・ムーディソンの『リリア 4-ever』と『ニュー・カントリー』を上…

というわけでフェミニスト映画のクラシック『わが青春の輝き』の上映権獲得の見込みが立ちましたので、サム・フリークスのVol.5かVol.6で上映します! 公開40周年のこのタイミングで上映できることになってとても嬉しいです。この映画の素晴らしい余韻を1人…

『グッド・ヴァイブレーションズ』関連情報からの北アイルランド繋がりで、『デリー・ガールズ』のシーズン2もカミング・スーンだよ!

グッド・ヴァイブレーションズ・レコーズ出身(=映画『グッド・ヴァイブレーションズ』でもお馴染み)のアウトキャスツが5月に来日! さらに今年は『グッド・ヴァイブレーションズ』のファンの方には堪らないことが起きる予定なので、期待して待っていても…

オバマ元大統領が昨年の年間ベストの1本に挙げていた映画『Support The Girls』はメイン・ヴィジュアルだけだと現代版『コヨーテ・アグリー』といった雰囲気だが、監督が『ハンナだけど、生きていく!』のアンドリュー・ブジャルスキーだから一筋縄ではいかな…

スペシャルズの新作は(彼等の大ファンだった)エイミー・ワインハウスにも聴いてもらいたかったすね。

スペシャルズのまさかのテリー・ホール込みでの新作『Encore』がまさかの全英1位を獲得でまさかのキャリアハイ。アルバムにはファン・ボーイ・スリー「The Lunatics」のリメイクもあり、印象としてはテリー・ホールとリンヴァル・ゴールディングのファン・ボ…

「ロック映画のバラード問題」について相変わらず考えているんだが、それまでもエルヴィス・プレスリーの映画などがあったとはいえ、その後への影響として決定打になったのはおそらく『バディ・ホリー・ストーリー』のクライマックスでの「True Love Ways」…

映画『(500)日のサマー』の公開10周年を記念した主演2人のリユニオン記事。

ジョナ・ヒルの監督デビュー作『Mid90s』は画面が4:3のスタンダード・サイズ。A24製作の映画ってスタンダード・サイズが多すぎだろ。内容の方は『バッド・チューニング』と『6才のボクが、大人になるまで。』を足して若干ダークにした感じで、意外とマッチョ…

7月6日(土)に開催される「サム・フリークス Vol.5」の上映作品の1本目はトム・マッカーシー(『扉をたたく人』『スポットライト 世紀のスクープ』)の監督デビュー作にしてピーター・ディンクレイジの出世作となった傑作『The Station Agent』に決定いたし…

AYA a.k.a. PANDAの新曲「スパゲッティー」は「甘えちゃってSorry」以来の楽曲だとダントツで良いっすね。切ない。この路線でアルバム出してくれー。

「サム・フリークス Vol.4」用に『リリア 4-ever』の日本語字幕を仕上げてて気付いたんだけど、シャイリーン・ウッドリー主演の漂流映画『Adrift』って実は本質的には『リリア 4-ever』にも通じる「ひとりで生きる」という物語だったすね。

どうでもよくないけど、やっぱりど真ん中ラジオの優しさはおそらく私の「サム・フリークス」の500倍はありますな! ヒップホップに興味があって水曜日の夜が空いている人は是非行きましょう! ラジオの公開収録という名の飲み会の中で人の優しさ・暖かさを感…

映画『スターストラック/わたしがアイドル!』の中で主演のジョー・ケネディが歌った「Body And Soul」(スプリット・エンズ「She Got Body, She Got Soul」の改題カヴァー)は全豪シングル・チャートで5位まで上昇するヒットとなったので、オセアニアのロ…

ジリアン・アームストロングの『わが青春の輝き』(1979年)はオーストラリア映画としては『Two Minute Silence』以来の46年ぶりとなる女性監督による長編作品で、その後の同国の映画界おける女性活躍の道を切り開いた記念碑的な作品である。内容はマイルズ…

そんなわけで、レモンヘッズの10年ぶりの新作がカヴァー集だと知った時のガッカリ感たるや。とはいえ、冒頭4曲のヨ・ラ・テンゴ~ジェイホークス~ベヴィス・フロンド~ポール・ウェスターバーグという流れは熱いのでそれなりに発売は楽しみにしております。

METEOR & CHIN-HURTZ/喰う寝る飲む出す ★★★★★ 世界のヒップホップ史上に残る超名盤『DIAMOND』のラストを飾る名曲「大冒険」でタッグを組んだメテオとチンハーツがデュオとしてアルバムを発表! 昨年の青い果実としてのアルバムと比べると、トラップなども取…

「ドリーはね、ついてない日なんてないって感じがする人なの。心の支えになってくれるのよ。音楽もすてきよ。でもね、すてきなのはドリー本人なの。ボリュームヘアも、作り物の胸もふくめて、すてき。自分で決めたとおりの人生を送っている人なんて、ドリー…

そういえば「サム・フリークス Vol.5」は7月6日(土)での開催が確定しているんですが(さっき会場の予約金を振り込んできた)、まだ作品が1本も決まってなくてすでにヤバイ状況でーす。ジョン・セイルズの激シブな『Go For Sisters』上映したいなー。これも…

2018年最重要映画の一つだった『Dumplin'』がなかなか日本に入ってこないので、待ちきれない方はぜひ原作の『恋するぷにちゃん』を! 世間に蔓延って多くの人を苦しめている古臭い価値観に対するプロテストであり、それによって世界は変わる(いや、すでに少…

前から書いてますが、「サム・フリークス」というイベント名は製作総指揮:ニール・ラビュート&監督:イアン・マカリスター・マクドナルドの日本未公開作品『Some Freaks』が元ネタなんだけど、おいらの力のみだと上映権取得が難しいっぽいので、代わりに実…

「サム・フリークス Vol.3」にご来場いただき誠にありがとうございました! 皆様のおかげで39980円のドネーションが集まりましたので、さっそく認定NPO法人 3keysへの振込手続きを行ってまいりました(「181001」は振込み識別用のID番号です)。3keysでは1人…

スウェイ・リーの声質の魅力は浮遊感のあるファルセットになった時に特に真価が発揮されると思っているので、映画『スパイダーマン: スパイダーバース』の主題歌「Sunflower」はイントロ10秒でファルセットが出てきて、もうそれだけで優勝!って感じ。全米1…

ラーズ「There She Goes」の日本語カヴァー! ちゃんと原曲の歌詞と揃えて韻を踏んでいるのが素晴らしい。A面は「恋のホワン・ホワン」(三遊亭円丈経由のニック・ロウのカヴァー)だそうです。

『デリー・ガールズ』は北アイルランドという土地柄や時代性を踏まえた様々な含みに満ちていて情報量が物凄いことになっており、当然のようにポップ・ソングの使い方もいちいち必然性に満ちていて面白すぎる。たとえば最終話のダンス・シーンではテイク・ザ…