2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

リンジー・バッキンガムのソロ作品はどれも自身でほとんどの楽器を演奏した密室ポップ集だが、セルフ・タイトルを冠した最新作もその例に漏れず。さらに、かつての『Law And Order』(今、改めて聴くと30年ほど時代を先取りしていたと思う)にも通じるチルウ…

これすごいな。ゴーゴーズってアルバム・デビューの1年以上前&キャシー・ヴァレンタイン加入前の時点で日本のFineの表紙を飾っていたのか(1stアルバム『Beauty And The Beat』の発売は1981年7月)。傑作ドキュメンタリー映画『The Go-Go's』でも紹介されて…

マニック・ストリート・プリーチャーズの新作『The Ultra Vivid Lament』収録の「The Secret He Had Missed」は、本人達もその影響を認めてはいるけれど、「Dancing Queen」風のピアノも含めてめちゃくちゃアバっぽいすね。あと、サンフラワー・ビーンのジュ…

傑作『少女ジュリエット』の比較対象としても挙げた『1981』『1987』『1991』の三部作の監督であるリカルド・トロジの最新作『完璧な家族になる方法』がNetflix映画として日本語字幕付きで気軽に観れるのはありがたい。『Une Colonie』でカナダ・アカデミー…

そういえばラシダ・ジョーンズの母親であるペギー・リプトンはドノヴァンの「Wear Your Love Like Heaven」をカヴァーしているけれど、ラシダ・ジョーンズもGAPのCMでドノヴァンの「Mellow Yellow」を歌っているんだよな。親子2代に渡ってドノヴァンを歌い継…

1965年から71年にかけてカヴァーされたドノヴァンのナンバー及び彼が楽曲提供したナンバーを集めた『Hurdy Gurdy Songs』という素敵なコンピレーションCDがあるんですが、そのプレイリスト版をApple Musicの方に作っておきましたのでぜひご活用ください(全2…

昨年の東京国際映画祭では『愛しい存在』というタイトルで上映された『スウィート・シング』は、『イン・ザ・スープ』のアレクサンダー・ロックウェルの久しぶりの日本公開作品。逆『フロリダ・プロジェクト』とでもいうべき内容で、クソな親から逃れた子供…

スリーフォード・モッズの新作やヴァイアグラ・ボーイズの新作にも参加していたエイミー・テイラー率いるアミル&ザ・スニッファーズの新作『Comfort To Me』ヤバすぎ。これはもう2021年最強のパンク・アルバムと断言してしまっていいんではないかな。前作よ…

『ケイト』のメアリー・エリザベス・ウィンステッド素晴らしいな! 満身創痍でゲロ吐きまくり、そして人殺しまくり! 『BIRDS OF PREY』の時の10倍は良い(『BIRDS OF PREY』が悪いわけじゃないけど)。「日本の東南アジア化」を象徴するような作品で、「バ…

久々にピーナッツくんとぽんぽこ氏のラップバトル来たでー。もはやラッパーとしての風格のようなものすら漂ってきたピーナッツくん。そしてどんどん悪くなっていくチャンチョの滑舌。

特集上映:サム・フリークス Vol.17 特集上映イベント「サム・フリークス」の第17回! 今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。1本目は『グ…

サム ・フリークスでの上映も考えていた大好きな映画『プレイス・イン・ザ・ハート』がU-NEXTの見放題に来ていた。大恐慌時代のアメリカ南部を舞台に女性の自立を描いた作品であり、次回のサム・フリークスで上映する『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド…

映画『ブルックリン最終出口』を観て分かるのは、ドイツ人である監督のウーリー・エデルはブルックリン(ニューヨーク)を西ベルリンと重ねた「退廃の街」として描いているということ。つまり本作の原作からの多大な影響を公言するルー・リードが、『Berlin…

先日『クライング・ゲーム』を久しぶりに観直したら、遊園地のショットから映画が始まったので思わず笑ってしまった。ニール・ジョーダンという監督は「海辺の寂れた町」「遊園地」といった、かなり特徴的なモチーフをキャリアを通して何度も何度も繰り返し…

映画『The Sparks Brothers』で最もエドガー・ライトの作家性を感じたのは、ラッセルが「最初はミック・ジャガーやロジャー・ダルトリーのようになろうとしてたんだ」、ロンが「初期のフーやキンクスのような曲を作ろうとしてたんだ」と語っている場面で、明…

何の気なしにスパークスのドキュメンタリー映画『The Sparks Brothers』(監督はエドガー・ライト)を観ようとしたら、2時間半近くもあるのだった。とにかく映画の冒頭でジャック・アントノフが「全てのポップ・ミュージックはヴィンス・クラークとスパーク…

常川拓也さんに「サム・フリークス Vol.15」で上映する『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と『ブッチャー・ボーイ』についてのコラムを書いていただきました! 10月24日(日)に渋谷ユーロライブで開催です! 「鳥には巣居、蜘蛛には蜘蛛の巣、人には…

MURVSAKIに関するMall Boyzの声明文の件について自分の言葉で書いておくと、被害者の人権が踏みにじられまくってる時に加害者の人権守ってどないすんねんって話ですよ。そんな杓子定規な(しかも間違った)判断しかできないんだったらExcel以下の人間ってこ…

上半期ベスト映画の1本にも選出したJ・ブレイクソンの『I Care A Lot』が『パーフェクト・ケア』という邦題で12月に日本公開! 『アリス・クリードの失踪』の延長線上にある傑作なのでマジでお勧めです。だからこういう映画が面白いんだってば!

映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』について、「50年間封印されていた」という触れ込みで、たしかにハーレム・カルチャラル・フェスティバル全体としての映像は初出かもしれんけど、本作のクライマックスの一つであ…

*この件に関するDMなど一切返信しません。 8/29発表の文春オンラインで報道された件につき、同被告人により私が受けたハラスメントと被害についての告発文です。発表された声明文を読みましたが、私はモールボーイズとCanteenを支持しません。 pic.twitter.c…

ちくわは「ないない」の方が打率高いな。

『シーズ・オール・ザット』の男女逆転版リメイク『ヒーズ・オール・ザット』は腐ってもマーク・ウォーターズというべきか、この物語のキモは『ピグマリオン』の骨格と「Kiss Me」だということが分かっている作りなので、きちんとカタルシスがある。あと、20…

ぽんぽこ氏が口内炎作ってる率の高さよ。というか口内炎ケアには日常的な重曹うがいが効くで。口の中の雑菌を除去して口内を清潔に保つことによって口内炎が長引くのを防ぐんや(口臭予防にもなる)。

ピーター・ホルサップルとクリス・ステイミーによるdB'sの楽曲のリメイク集『Our Back Pages』を聴いていて気付いたんだが、そういえばdB'sの主要作もサブスク解禁されていないんだった! デビュー作にして捻くれポップの名作『Stands For Decibels』はもち…

どうしてフィリップ・ファラルドーの『My Salinger Year』が好きなのかを考えていて気付いたんだが、これって『チャーリング・クロス街84番地』っぽいんだな。作家の女性と古本屋の男性主人の文通による友情物語だった『チャーリング・クロス街84番地』に対…

映画『ブルックリン最終出口』では冒頭に雅歌の一節が引用されるが、ヒューバート・セルビー・ジュニアによる原作だと、この文章は映画でジェニファー・ジェイソン・リーが演じたキャラクターである「トララ」のチャプターで登場する。つまり、これは映画版…

宙芳さんの名パンチライン!

Torres/Thirstier★★★★★トレスことマッケンジー・スコットのマージ・レコーズ移籍第2弾となる5thアルバム。ジャケットが『Liz Phair』風だから言うわけではないんだが、これはもう最高にリズ・フェアな作品である。これまでに以上にラウドなギターを豪快に掻…

「A New England」のPVの撮影時にカースティ・マッコールは妊娠していたわけだが、この時に生まれた息子のジェイミーを守ろうとして彼女は死んでしまったのだから、そのことを思うと切ない気持ちになってしまう。カースティ・マッコールは真のヒーローです。…