2023年2月4日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.21」を開催します。今回はロックンロール黎明期のスターであるバディ・ホリーのキャリアを描いた音楽伝記映画『バディ・ホリー・ストーリー』と、ルーカス・ムーディソンが手掛けたスウェディッシュ・パンク映画『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2023年4月9日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.22」を開催します。今回はケン・ローチが90年代の黄金期に突入していくきっかけとなった『ブラック・アジェンダ/隠された真相』と、ルーカス・ムーディソンが製作総指揮を務めた唯一の作品である『ヤラ! ヤラ!』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

83年の米国公開当時。完成前から収益を出せないと判断を下され、節税目的の投資家に権利が売却されたため公開プロモーションは皆無。批評家や観客が評価する前に劇場から姿を消したため、米国人でも劇場で観た人が殆どいないと言われるまさに幻!悲運のカル…

The 7” Singles ポール・マッカートニー ロック ¥13241 ついにリリースされたポール・マッカートニーのコンプリート7インチ・シングル集『The 7” Singles』。全159曲10時間超え! 面白いのはウイングスの「Love Is Strange」のような諸般の事情で発売中止に…

2022年のApple Musicにおいて、リンダ・リンダズとヤング・ガヴとライトニング・シーズとマフスについては、私が全世界の中でのトップ100リスナーだったようです。わーい。リンダ・リンダズは『Growing Up』、ヤング・ガヴは『Guv III』、ライトニング・シー…

「サム・フリークス Vol.22」で上映するケン・ローチの『ブラック・アジェンダ/隠された真相』の関連書籍として、1987年に出版された『スパイキャッチャー』という元MI5のピーター・ライトという人が書いた内部告発本を挙げておきます。この本で書かれてい…

ジャンルを超越した新世代ポップシンガー/ラッパーの"ASHNIKKO"初のジャパン・ツアーが決定しました日本のアニメやゲーム、キャラクターにインスパイアされている彼女のビジュアルを生で見ることのできるステージは必見ですhttps://t.co/cVSaXLlkVz pic.twit…

映画『スイマーズ:希望を託して』(監督:サリー・エル・ホサイニ)観賞。★★★★★。『Help』『エノーラ・ホームズの事件簿2』『そしてバーバラはアランと出会った』と、脚本家として覚醒した感のあるジャック・ソーンの最新脚本作。戦時下を生きるアスリート…

ナンシー・マイヤーズはもちろん最高だけど、名作『ファミリー・ゲーム』まで彼女の公私に渡るパートナーだったチャールズ・シャイアのことも忘れないでくれよな!というわけで、彼の久々の監督作『ノエルの日記』が登場。長編映画はなんと2004年の『アルフ…

ジェームズ・マカヴォイが『東京コミコン2022』ステージに登場!https://t.co/52EwNexC9Tトークの幅が非常に幅広く素晴らしいステージでしたので、詳しく記事化しました。お写真もいっぱいありますのでご査収ください。#ジェームズ・マカヴォイ #東京コミコ…

残念ながらというべきか、『クラークス3』のインスピレーションになったのはこういった出来事だろうな。ケヴィン・スミス自身も2019年に心臓発作を起こしていたらしいし。

『クラークス3』は、『クラークス』の店の連中が自分達がコンビニで働いている日常を映画にしようとする話、ってそれはケヴィン・スミスの『クラークス』制作過程そのまんまではないか。映画を撮る話は『恋するポルノ・グラフィティ』でもやっていたし、メタ…

11月25日から公開される映画『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』は以前にも書いた通りでかなりお勧めです。レコーディング技術の革新という部分で非常に普遍的な内容が扱われているので、ポップ・ミュージックに興味がある方は是非。というか本作の脚本家であるマー…

ケヴィン・スミスの『クラークス3』、全米公開されたばっかりだっていうのに配信スルーで日本にもいきなり来てた!(ってことにさっき気付いた) これはありがてー。ちゃんと日本語字幕もあるし。今週末にさっそく観ることにします。

ぎょぎょ!スパークスがクレジットタイトルの音楽を手掛けた映画「ゲット・クレイジー」がスクリーンで観られる。大昔にけんそう君の家で、輸入盤のVHSで観た曖昧な記憶しかないが、ラストでルーがおいしいところを持っていった、うっすらとした印象が残って…

ポーグスの『Peace And Love』のジャケットになったヒュー・キャメロンの(6本指加工前の)5本指写真はこちら。

「サム・フリークス Vol.22」で上映する『ブラック・アジェンダ/隠された真相』にはポーグスのテリー・ウッズが出演していて、映画の前年にリリースされたポーグスの「Young Ned Of The Hill」(『Peace And Love』収録)を劇中で歌っている。まあ北アイル…

シドニー・ポワチエのキャリアを追ったドキュメンタリーでありつつアメリカの黒人映画史の話にもなっていた『シドニー』に対して、Netflixで配信が始まった『ブラック・イナフ?!? -アメリカ黒人映画史-』(タイトルは『ロールスロイスに銀の銃』の主題歌か…

大名作『インスタント・ファミリー』に続くショーン・アンダースの新作『スピリテッド』はウィル・フェレルとライアン・レイノルズを主演に迎えた『クリスマス・キャロル』の変奏曲。キャストからも何となく想像がつくように、『パパvs新しいパパ』シリーズ…

文化資本は資本にならないという、私も全く笑えない問題(真魚八重子『心の壊し方日記』より。真魚さんとは、鈴木並木さん仕切りのヤングシネフィル飲み会で、テーブルを囲んだことがありましたが、とても素敵な方だったと記憶しています。中山くんのことを…

2nd Grade/Easy Listening★★★★★パワー・ポップ当たり年の2022年を象徴するような傑作がまたもや登場。彼等の過去作と同様に1〜2分台のポップ・ソングが矢継ぎ早に繰り出される全16曲35分のアルバムになっているんだが、今作では「Keith And Telecaster」とい…

「サム・フリークス Vol.22」で『ブラック・アジェンダ/隠された真相』を上映するのは『デリー・ガールズ』完結記念です! どちらも北アイルランドが舞台なので当然と言えば当然なんだが、同じモチーフが幾つも出てくるので事前に『デリー・ガールズ』を観…

特集上映:サム・フリークス Vol.22 特集上映イベント「サム・フリークス」の第22回はケン・ローチ×ルーカス・ムーディソンという夢の2本立て! 1本目はケン・ローチが90年代の黄金期に突入していくきっかけとなった『ブラック・アジェンダ/隠された真相』…

Groovy Xmas The Linda Lindas ホリデー ¥255 provided courtesy of iTunes リンダ・リンダズ初のクリスマス・ソング「Groovy Xmas」は「Nino」と「Monica」の続編でもあるという気の利いた作り。キャッチーな曲作りもアルバム『Growing Up』からさらに進化…

ティーガン&サラの高校時代の回顧録『High School』を基にしたドラマ・シリーズ『High School』がAmazon Freeveeで配信中(日本からでもVPNを使えば無料視聴可能)。ミュージシャンのファン限定のショボいやつじゃなくて、プランBが製作会社でブラッド・ピ…

今更ながらThe 1975の新作『Being Funny In A Foreign Language』の冒頭を飾るピアノのシーケンスは要するにフーの「Baba O'Riley」をやろうとしているんだということに気付いた。最近だとメイジー・ピーターズの「Cate's Brother」も「Baba O'Riley」をやろ…

「ドノヴァンの曲を追ってりゃ間違いない」証拠として、彼の曲が使われている映画やドラマを幾つか挙げておく(カヴァー・ヴァージョンを含む)。『夜空に星のあるように』『ブラザー・サン シスター・ムーン』『グッドフェローズ』『イギリスから来た男』『…

『アポロ10号 1/2: 宇宙時代のアドベンチャー』、『リコリス・ピザ』、そして今回の『バーバリアン』と、今年はドノヴァン映画の当たり年(他にもドノヴァン関連の映画として『グレイマン』が挙げられる)。ドノヴァンの曲を追ってりゃ間違いないんですよ。…

お知らせ12月4日びわ湖くんワンマンライブinパナソニックスタジアムチケット受付開始!チケット抽選販売11月6日〜13日https://t.co/510guRDSHV※チケット代タダ※2次募集なし pic.twitter.com/8bGpRPBKIA — びわ湖くん (@biwako__shiga) 2022年11月6日 びわ湖…

『その道の向こうに』はアフガニスタンでの任務中に脳損傷を負った帰還兵の女性(ジェニファー・ローレンス)が、地元のニューオリンズに帰って友達を1人作るまでの話。友達ってなかなかできないよね。こういう感傷的にならない孤独な話にはどうしても惹かれ…

ちなみにマフスは1996年のライヴでフーの『Sell Out』期メドレーを披露したことがあって、その中でも「Charles Atlas Commercial」は演奏されております。シングル「I Can See For Miles」のB面に収録されていたジョン・エントウィッスル作のポップな名曲「S…

私の秘蔵アーカイヴの中からマフスのレア・トラックを幾つかYouTubeにアップしておきました。まずは名作『Happy Birthday To Me』期のセッションから「Where Were You When I Needed You」(グラス・ルーツのカヴァー)〜「Charles Atlas Commercial」(フー…