2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年10月19日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.29」を開催します。今回はジョン・キューザック2本立てということで、彼の長きに渡るキャリアの最高傑作である『やぶれかぶれ一発勝負!!』と、ジョン・キューザック版『インスタント・ファミリー』というべき傑作『マーシャン・チャイルド』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時2024年の来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

LNDN DRGSの新作『Affiliated 2』収録の「Not For Sale」がブロンディ「Heart Of Glass」のめちゃめちゃ分かりにくい替え歌になっていて笑ってしまった。「Heart Of Glass」感薄すぎ。タカラ焼酎ハイボール 特製コーラ割りのコーラ感ぐらい薄い。でも、これ…

映画『俺らのマブダチ リッキー・スタニッキー』(監督:ピーター・ファレリー)観賞。★★★★。ピーター・ファレリーの最新監督作は前作『史上最高のカンパイ!〜戦地にビールを届けた男〜』以上にコテコテのコメディに回帰。弟のボビー・ファレリーは『チャン…

リンダ・リンダズ、もう日本に来てんのかよ。前乗りしすぎだって(前回の2022年の来日時もライヴの1週間ぐらい前から来てた)。京都で嵯峨野トロッコ列車に乗られてはる。

家主の田中悠平氏による選曲いいすね(彼が書いた家主の「オープンエンド」は名曲)。カースティ・マッコールにマフスにザット・ドッグ、そしてパワー・ポップの代名詞ドワイト・トゥイリー・バンドの「Looking For the Magic」! ちょうど昨年末にこの曲か…

マフスの名曲「Sad Tomorrow」のサビで繰り返される「There'll be no sad tomorrow」という歌詞はビートルズの「There's A Place」からの引用であることをロイ・マクドナルドが証言してくれたー。やはりマフスへのビートルズの影響は絶大なものがあるな。

ナードマグネットの新曲「Take A Walk」は3分ちょうどのキャッチーなポップ・ソングでありつつ、間奏が16小節もあって(普通なら8小節でしょ)バンド・アンサンブルの有機的な広がりを感じさせるところが素晴らしいと思った。さえこ氏が持ち込んだベースのリ…

バイヤード・ラスティンが1963年8月28日のワシントン大行進を実現させるまでを描いた映画 『ラスティン: ワシントンの「あの日」を作った男』において、彼がキング牧師と再会しに行くシーンでリトル・リチャードの「Lucille」がフィーチャーされているのは、…

米国女性の性の実態を初めて明らかにした『ハイト・リポート』の著者であるシェア・ハイト博士のキャリアと男性社会からのバックラッシュを追った映画『The Disappearance Of Shere Hite』は震えるほどに面白いドキュメンタリーだった。製作総指揮とナレーシ…

2024年2月のApple Musicの履歴まとめです。年明けからしばらく経って、ようやく2024年の新譜を聴き込んでいく季節になってまいりました。L・ディヴァインの『Digital Heartifacts』は現代的なシンガー・ソングライター作品として非常に理想的な内容だった。…

ケン・ローチの『石炭の値打ち』を観た後で『イギリス炭鉱ストライキの群像――新自由主義と闘う労働運動・1980年代のレジェンド』を読むと、サッチャー政権がイギリスの炭鉱労働者の何を潰そうとしたのか、そしてケン・ローチと脚本のバリー・ハインズによる…

リアム・ギャラガーとジョン・スクワイアの共作アルバム『Liam Gallagher & John Squire』は「リアム・ギャラガーくんはジョン・スクワイアおじさんと遊べてたのしかったです」という意外と牧歌的なレイドバックした内容だった。リズム面で工夫がなくてグル…

Apple Musicの履歴まとめ(Apple Music Replay)、2024年は月別表示かーと思っていたら、2023年分の履歴も月別に表示できるようになってる! これは嬉しい。飲み屋で見せ合うのがさらに楽しくなるぞー。ちなみに2024年1月分はこんな感じ。まだ新譜が出揃って…

配信リリースされた『神さま聞いてる? これが私の生きる道?!』(傑作!)でザ・バンド「The Night They Drove Old Dixie Down」のジョーン・バエズによるカヴァー・ヴァージョンがフィーチャーされていたので、彼女のキャリアを追ったドキュメンタリー映…

杉並区は久我山(井の頭線三鷹台駅より徒歩5分)のecho and cloud studioで10日間に渡って新曲の制作をおこなっていたシグリッド。SEKAI NO OWARIのギタリストのNakajinも参加していたみたい。傑作EP『The Hype』を経ての来たるべき3rdアルバムが楽しみすぎ…

トラヴィス・バーカーやヤングブラッドのプロデューサーのマット・シュワルツが参加している1stフル・アルバム『Traumatic Livelihood』も良かったジャズミン・ビーン。彼女の父親がワイルドハーツのジンジャーなのは知っていたけど、母親はフラッフィー(再…

リアル・エステイトの新作『Daniel』は本人達曰くR.E.M.の『Automatic For The People』から影響を受けたという話だが、ギター・バンドとしての体裁を保っていて比較的明るいトーンの楽曲が多いこともあって、むしろ音楽的には『Out Of Time』の方に近い作品…

ジーザス&メリー・チェインの7年ぶりとなる新作アルバム『Glasgow Eyes』からの先行リリース曲第3弾「Girl 71」。これはもうとびきりポップな「Louie Louie」じゃないか! しかも最初から最後までザ・フーの「無法の世界」のようなシンセサイザーも鳴り続け…

マギー・ロジャースは以前からライヴで「Harvest Moon」なんかをカヴァーしている人ではあったけれど、4月にリリース予定の新作のタイトル曲「Don't Forget Me」はめちゃくちゃニール・ヤング風だな。それこそ『Harvest』に収録にされていても不思議ではない…

サマーソニック2024の第1弾アーティストにラッパーが1人もいないところからもラップ/ヒップホップ業界のシュリンクが見て取れる。2015~2018年にラップ/ヒップホップがピークに到達してから漸減を続けているのがそろそろ可視化されてきた感じ(全体の売り…

無粋な話になるけれども、2021年のNAMIMONOGATARIでの騒動(&横浜アリーナ公演の中止)以降、BAD HOPに対する世間の評価と注目度は下がっていたように思うし、そもそもラップ音楽全体の売り上げがここ5年ほどで半分以下になっている現状(肌感覚として、コ…

ライム・ガーデンのデビュー・アルバム『One More Thing』を聴いていて、「Mother」がモロにトーキング・ヘッズの「Once In A Lifetime」だったのでもしやと思っていたら、やはりメンバー全員がトーキング・ヘッズのファンだそうです。

100 gecsの「Doritos & Fritos」が2022年4月にリリースされて、その4ヶ月後に同曲を下敷きにした「ケミカルカルマ」をリリースする愛はズボーンのスピード感。

ミッチェル・フルームが正式メンバーになってから2作目となる5月リリース予定のクラウデッド・ハウスの新作『Gravity Stairs』は、ジャケットがビートルズの『Revolver』のゆるいパロディで脱力してしまうものの、先行リリースされた「Oh Hi」はニール・フィ…

6月に日本公開予定のアレクサンダー・ペインの最新監督作『ホールドオーバーズ』ではキャット・スティーヴンスの名曲「The Wind」が効果的に使われているわけだが、2月21日に日本での配信が開始されるジュディ・ブルーム原作の映画『神さま聞いてる? これが…

近年は煮え切らないアルバムのリリースが続いていたから話題に上がらないのは仕方ないともいえるけど、ディジー・ラスカルの新作『Don't Take It Personal』は彼にとっては久々の快作に仕上がっております。2ステップを取り入れて完全に息を吹き返している。…

ワーナーとの契約~契約解消という長い道のりを経てようやくリリースされたL・ディヴァインの1stアルバム『Digital Heartifacts』は傑作。アコースティック・ギターを弾き語るオーセンティックなシンガー・ソングライターとしての彼女の姿が、エレクトロニッ…

昨年秋にヒップホップ色の濃い(ゴリラズをも彷彿とさせる)傑作『My Big Day』を発表したと思ったら、早くも2月に新作EP『Fantasies』をリリースするボンベイ・バイシクル・クラブ。お久しぶりのルーシー・ローズとの再タッグ曲「Willow」を含む女性シンガ…

予想当たった! リンダ・リンダズ東阪ツアー決定! 絶対行く!3月はペンパルズ(マフスの初来日公演の前座で観て好きになった)とナードマグネット(マフスのキム・シャタックなどへ向けたトリビュート・ソング「Detention」あり)の2マンライヴがあり、さら…

レスリー・ヘッドランドの監督・脚本作『愛とセックス』におけるビートルズとブルース・トラヴェラーとの執拗な比較を見ると、彼女がナターシャ・リオンと共に脚本を手掛けた『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』でハリー・ニルソンの「Gotta Get Up」が…

カイリー・ミノーグとシーアのコラボレーション再び! シーアがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めたカイリーの2014年作『Kiss Me Once』があんまりヒットしなかったから、2人の共作はあれで打ち止めかと思ってたんだけど、まあ作品の売り上げは2人の関係…