2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ジル・ソビュールの最新作『Dottie's Charms』に作詞家として参加していた、ライオット・ガール・ムーヴメントの研究書『Girls To The Front: The True Story Of The Riot Grrrl Revolution』の著者サラ・マーカスが映画『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を激賞。彼女も指摘しているように、『ウィ・アー・ザ・ベスト!』が素晴らしいのは「たとえ世界中からそっぽを向かれたとしても自分の信じる道を突き進むこと」がきちんと描かれている「反骨の映画」だからだし、どうしてそれが素晴らしいのかというと、それこそがロック〜パンクの本質だからっすよ。「他人から好かれること」「他人から認められること」ばかりを重要視して自分の魂を押し殺してたら生きてる意味なんてねえだろっつうの!