2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年10月19日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.29」を開催します。今回はジョン・キューザック2本立てということで、彼の長きに渡るキャリアの最高傑作である『やぶれかぶれ一発勝負!!』と、ジョン・キューザック版『インスタント・ファミリー』というべき傑作『マーシャン・チャイルド』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時2024年の来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

3月に行われた初来日公演ではガツガツとギターを弾き倒す姿が印象的だったメイジー・ピーターズ。1stアルバム『You Signed Up For This』はシンセポップを基調としたサウンドでありつつ、それと同時に彼女が手掛けていた『Trying 〜親になるステップ〜』のサウンドトラックではオーセンティックなシンガー・ソングライターとしての側面を前に押し出していたわけだが、ついにリリースされた2ndアルバム『The Good Witch』ではその両面を1つの作品としてバランスよく提示することに成功したといえるだろう。「The Band And I」で描かれているような長いツアー経験もおそらくはそこに活かされているはず。それこそシグリッドのインタビューで名前が挙げられていたマティアス・テレスも共作者として参加しているし、個人的にはファラーのシンガーであるジェズ・アシャーストがパワー・ポップ要素を注入しているのが嬉しかった(前作よりも貢献度高し)。着実にミュージシャンとしてレベルアップを果たしたメイジー・ピーターズ。11月に開催が予定されているウェンブリー・アリーナ公演はすでにソールドアウトだって! サマーソニックでの再来日も楽しみすね。