2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない




ウィ・アー・ザ・ベスト!』で青少年センターの職員のおじさん2人がいたでしょ? あの2人って劇中で「Brezhnev & Reagan Fuck Off」を演奏していたバンド、サボタージュの本当のメンバーだったMatte WibergとJohan Liljemarkなんだって(金髪のMatte Wibergがドラムで、黒髪のJohan Liljemarkがギター。映画だと彼等の担当パートが逆になってますな)。「Brezhnev & Reagan Fuck Off」は本当に当時の彼等が演っていた曲で、ココ・ムーディソンは13歳の時に本当にギターのJohan Liljemarkと1週間だけ付き合っていたとのこと。