2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


マイリー・サイラスの「We Can't Stop」がハサミで足枷(≒抑圧)を断ち切るところから始まるのと同じように、『ウィ・アー・ザ・ベスト!』ではボボとクラーラがハサミを使ってヘドヴィグがはめられている足枷(≒抑圧)を断ち切ってあげようとする。もちろん、そうすると周囲の保守的な人間からの反発も生まれてくることになる(食堂でヘドヴィグが後ろめたさを吐露する姿は、いかに彼女が大きな抑圧の下で生きてきたかという証拠だと思う)。だからこそ、この一連の騒動に対する回答として、「反抗し続けろ!」と歌われるエバ・グロンの「Vad Ska Du Bli?」が直後にかかるわけだ。人間には自由に生きる権利がある。