2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

特集上映:サム・フリークス Vol.18

f:id:pikao:20211203143515p:plain

f:id:pikao:20211203143542p:plain

特集上映イベント「サム・フリークス」の第18回! 今回の1本目は英国産のゲイ映画クラシック『とても素敵なこと -初恋のフェアリーテール-』、2本目はシェーン・メドウズが『THIS IS ENGLAND』組を再起用して撮り上げた『サマーズ・タウン』を上映いたします。

どちらもこれを逃すとなかなか劇場では観ることができないであろう貴重な作品ですので、この機会にぜひー。今回も有料入場者1名につき250円が虐待を受けたり貧困下にある子供達への学習支援&自立支援として役立てられます!

3月21日(月・祝)には同会場でこのイベントの第17弾が、9月3日(土)にはイベントの第19弾が開催されます! こちらもぜひ!

Apple Musicにおいてサム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しましたので、ぜひご利用ください(最新のものに随時更新していきます)。毎回上映作品と絡めた選曲をしています。

概要:

1)日時:2022年6月4日(土)


2)会場:ユーロライブ(渋谷)

タイムテーブル

13:30~ 当日券販売開始
13:45~ 開場
14:00~『とても素敵なこと -初恋のフェアリーテール-』上映
15:32~ 休憩
15:45~『サマーズ・タウン』上映(16:53上映終了予定)

3)当日券料金:2本立て1500円(入れ替えなし・整理番号制)

※当日券は当日の13時30分より会場受付にて販売いたします。

※前売り券は特別価格1374(悲惨な死)円でPeatixにて販売中です

本イベントはすべての子供達が社会から孤立することなく暮らしていけるようになることを目的とした学習支援や自立支援の為に、有料入場者1名につき250円を「認定NPO法人 3keys」へ寄付いたします。後日、当ブログにおいて寄付の実施をご報告いたします。

お金に困っている方は、ご相談いただければ当イベントに無料でご招待いたしますのでお気軽にご連絡ください。

また、未成年の方は当日会場にて500円返金します!性善説の自己申告制で、身分証チェックとかイチイチしないので、「無料にしてもらうのは気まずいけど、1374円払うのはキツい…」という方はこちらの制度をご利用していただければと思います。

お腹が空いている方は、事前にご連絡いただければ入場時におにぎりを差し上げます。食べられないおにぎりの具がある場合は、それも併記していただけると助かります。

こちらは当イベントの主催者に向けた救援物資を掲載したAmazonほしい物リストになりますので、お金に余裕のある方はサポートしていただきたく思います。何卒よろしくお願い致します。

※前売り券について※

開場は13時45分です。整理券等への引き換えの必要はございませんので、劇場への入場時にPeatixのチケット画面、もしくは予め印刷したものを係員にご提示お願いします。入場順序に関しては、前売り券→当日券の整理番号順となります。場内は全席自由席となっております。入金後のキャンセルは承りかねますのでご了承ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

「サム・フリークス Vol.18」は英国青春映画2本立て!

『とても素敵なこと -初恋のフェアリーテール-』は、後にサリー・ルーニー原作のTVシリーズ『ふつうの人々』も監督することになるヘティ・マクドナルドが手掛けたゲイ映画の金字塔。全編に渡ってママ・キャス(およびママス&パパス)の楽曲が大フィーチャーされており、彼女のポップ・ミュージック界におけるはみ出し者っぷりと、主人公達のそれが重ねて描かれているのが素晴らしい。『ロケットマン』でもエルトン・ジョンがママ・キャスの自宅を訪問するシーンが印象的だったが、あれからも分かるように彼女は「はみ出し者」達を受け入れてくれるアイコニックな存在なのである。ちなみに、本作の共同製作者は『ケス』を含むケン・ローチの初期作品を支えたトニー・ガーネット。

『サマーズ・タウン』は故郷を飛び出してきた身寄りのない少年と、友達のいないポーランド人の移民の少年の交流を描いた青春映画。シェーン・メドウズの前作『THIS IS ENGLAND』のやるせない後味とは対照的に、こちらは彼の優しさが素直に発揮されている味わい深い逸品だ。本作と同様にサッカーが重要なモチーフとなっている電車映画『明日へのチケット』のケン・ローチ編に通じる味わいもあり、シェーン・メドウズがケン・ローチマイク・リーの正統な後継者であることを証明するような内容となっている。故ギャヴィン・クラークの手による挿入歌の数々も印象的。

岡俊彦(東京都品川区南品川3-5-2-503在住)
--------------------------------------------------------------------------------------------------

とても素敵なこと -初恋のフェアリーテール-(原題:Beautiful Thing)』(1996年、監督:ヘティ・マクドナルド)

Blu-ray上映(日本語字幕付き)

出演: グレン・ベリー、スコット・ニール、リンダ・ヘンリー




サマーズ・タウン(原題:Somers Town)』(2008年、監督:シェーン・メドウズ)

Blu-ray上映(日本語字幕付き)

2008年 英国インディペンデント映画賞 主演男優賞・監督賞・脚本賞ノミネート

出演: トーマス・ターグーズ、ピョートル・ヨガイラ、ペリー・ベンソン


主催:岡俊彦
お問い合わせ先:岡俊彦(電話:080-4065-3412 メール:hardway@ba.mbn.or.jp)