2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

特集上映:サム・フリークス Vol.11

f:id:pikao:20200917124947j:plain

f:id:pikao:20200917124958j:plain

特集上映イベント「サム・フリークス」の第11回! 今回の1本目はジョン・セイルズシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』、2本目は児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』を上映いたします。

どちらもこれを逃すとなかなか劇場では観ることができないであろう貴重な作品で、特に『ゴー・フォー・シスターズ』は日本初上映ですので、この機会にぜひー。今回も有料入場者1名につき250円が虐待を受けたり貧困下にある子供達への学習支援&自立支援として役立てられます! 

12月20日(日)には同会場でこのイベントの第10弾が開催されます! こちらもぜひ!

 

概要:

1)日時:2021年3月6日(土)


2)会場:ユーロライブ(渋谷)

タイムテーブル

12:50~ 当日券販売開始
13:05~ 開場
13:20~『ゴー・フォー・シスターズ』上映(日本初上映)
15:23~ 休憩
15:35~『子供たちをよろしく』上映(17:07上映終了予定)


3)当日券料金:2本立て1500円(入れ替えなし・整理番号制)

※当日券は当日の12時50分より会場受付にて販売いたします。

※前売り券は特別価格1374(悲惨な死)円でPeatixにて販売中です

本イベントはすべての子供達が社会から孤立することなく暮らしていけるようになることを目的とした学習支援や自立支援の為に、有料入場者1名につき250円を「認定NPO法人 3keys」へ寄付いたします。後日、当ブログにおいて寄付の実施をご報告いたします。

お金に困っている方は、ご相談いただければ当イベントに無料でご招待いたしますのでお気軽にご連絡ください。

また、未成年の方は当日会場にて500円返金します! 性善説の自己申告制で、身分証チェックとかイチイチしないので、「無料にしてもらうのは気まずいけど、1374円払うのはキツい…」という方はこちらの制度をご利用していただければと思います。

お腹が空いている方は、事前にご連絡いただければ入場時におにぎりを差し上げます。食べられないおにぎりの具がある場合は、それも併記していただけると助かります。

こちらは当イベントの主催者に向けた救援物資を掲載したAmazonほしい物リストになりますので、お金に余裕のある方はサポートしていただきたく思います。何卒よろしくお願い致します。

※前売り券について※

開場は13時05分です。整理券等への引き換えの必要はございませんので、劇場への入場時にPeatixのチケット画面、もしくは予め印刷したものを係員にご提示お願いします。入場順序に関しては、前売り券→当日券の整理番号順となります。場内は全席自由席となっております。入金後のキャンセルは承りかねますのでご了承ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

「サム・フリークス Vol.11」では「サム・フリークス Vol.10」の内容を引き継ぎ、シスターフッド映画とストリートで生きる子供達を追った映画を上映する。

『ゴー・フォー・シスターズ』は保護観察官の女性が高校時代の旧友と「ターミネーター」というニックネームの老探偵の助けを借りながら、行方不明になった息子を捜索する犯罪サスペンス映画。ジャンル映画の枠組みを使いつつシスターフッド、マイノリティ、不法移民などについて描くことによって、現在のアメリカとメキシコの実情を浮き彫りにしていくといういかにもジョン・セイルズらしい作品で、女性2人の断片的な過去が徐々に明かされていく構成は名作『パッション・フィッシュ』の延長線上にあるともいえるだろう。ちなみに本作はわずか19日間で撮影されたとのこと。

シアトルで暮らすストリート・チルドレンを追った『子供たちをよろしく』は、写真家のマリー・エレン・マークが1983年にライフ・マガジンにて発表したドキュメント記事「Streets Of The Lost」をきっかけとして、彼女の夫であるマーティン・ベルがそこに登場する子供達を映像に収めた作品。ドキュメンタリーと作劇が渾然一体となった児童映画の極北的な内容で、根底に流れる大きなヒューマニズムと現実の容赦ない厳しさに胸が締めつけてくる。トム・ウェイツが主題歌の映画としてはジェニファー・ジェイソン・リー製作・主演の『ジョージア』に匹敵する傑作である。「子供たちをよろしく/彼等が路頭に迷わないように」(「Take Care Of All My Children」by Tom Waits)。


岡俊彦(東京都品川区南品川3-5-2-503在住)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

ゴー・フォー・シスターズ(原題:Go For Sisters)』(2013年、監督:ジョン・セイルズ

Blu-ray上映(日本語字幕付き)

2014年 インディペンデント・スピリット・アワード 助演女優賞ノミネート(ヨロンダ・ロス)

出演: リサゲイ・ハミルトン、ヨロンダ・ロス、エドワード・ジェームズ・オルモス

 

子供たちをよろしく(原題:Streetwise)』(1984年、監督:マーティン・ベル)

Blu-ray上映(日本語字幕付き)

1985年 アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞ノミネート



主催:岡俊彦
お問い合わせ先:岡俊彦(電話:080-4065-3412 メール:hardway@ba.mbn.or.jp)