2020年8月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pikao/20190129/20190129195214.jpg

井戸沼紀美さんの文章を読んで思い出したんだが、『わが青春の輝き』で泥沼にはまって動けなくなっている子牛を主人公のシビラが助け出すシーンの意味は、『アメリカン・ハニー』で主人公が様々な生き物を逃していく一連のシーンと全く同じですね。つまり、主人公の「自由に生きていきたい」という想いと、自分と同じような境遇の人間/生き物に手を差し伸べたいという想いの表れ。

あと、『わが青春の輝き』のラストはビートルズの「Blackbird」なんかも想起しちゃうすね。「You were only waiting for this moment to arise / You were only waiting for this moment to be free(君は飛び立つ この瞬間をずっと夢見て生きてきたんだ/君は自由になるこの瞬間をずっと夢見て生きてきたんだ)」。