2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

自分がどうして『わが青春の輝き』を好きなのかと考えると、昨日引用した部分からも分かる通り、主人公のシビラ(≒マイルズ・フランクリン)のキャラクターがとにかく饒舌で面白いからだな。『アンネの日記』のアンネ・フランクに近い印象(ちなみに英語圏でもそういう批評がある。共に10代の少女が記した自叙伝であるところも相似)。

ジリアン・アームストロングによる映画版は原作をうまく換骨奪胎しており、ロベルト・シューマンの「子供の情景」をテーマ曲として使うことによって、(彼の妻でありピアニストであり作曲家でもあった)クララ・シューマンと主人公のシビラを重ね合わせたりと、フェミニスト映画として重層的な構造を作り出している。

 ジリアン・アームストロングについては、5年前にAfterschool Cinema Clubさんのzineで第2作の『スターストラック/わたしがアイドル!』について書いて以来、個人的に再評価を推し進めようとしてきたからな。昨日今日の話じゃねえんだ。だから「サム・フリークス Vol.6」で『わが青春の輝き』を上映できるのは感慨深い。というか、『わが青春の輝き』の上映が好評だったら今度は『スターストラック』とルーカス・ムーディソンの『ウィ・アー・ザ・ベスト!』の2本立てを企画してもいいかも。1982年のロック映画の傑作と、1982年を舞台にしたロック映画の傑作!(っていう話も5年前に書いてた)。

『スターストラック』は主演のジョー・ケネディが歌った「Body And Soul」(スプリット・エンズ「She Got Body, She Got Soul」の改題カヴァー)が全豪シングル・チャートで5位まで上昇するヒットを記録したし、オセアニアのロック史的な観点からも重要な映画なんですよ。あと、おそらくソロ・デビュー前後のシンディ・ローパーにも多大な影響を与えている。