2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の話のチョイスはジリアン・アームストロング版『若草物語』をかなり下敷きにしているけど、ジリアン・アームストロング版はその辺の貧乏描写はちゃんとしてますよね。そしてジリアン・アームストロング版はプロデューサーからの「また『わが青春の輝き』のような映画を撮ってほしい」という要望によって製作され、監督自身も「1994年版の『若草物語』は『わが青春の輝き』のリメイクのつもりで撮った」と語っているので、その源流は『わが青春の輝き』にあることが分かる(そもそも『わが青春の輝き』は金持ちと貧乏人の「経済格差」が大きく関わってくる話であり、「貧乏は嫌だと嘆き、より貧しい人たちに施しをして、金持ちの家に遊びに行き埋められない差を痛感する」描写まである)。

『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』は二次創作っぽい映画だなあとずっと思ってるんだけど、貧乏描写が軽視されててこれまで以上に「美化」されているのもそういう印象を強めているのかなあと思った。