2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61LKRbLJtBL._SL350_.jpg
K.Flay/Solutions

★★★★★

 

前作『Every Where Is Some Where』がグラミー賞にもノミネートされたKフレイの3rdフル・アルバム。リズ・フェアなどから影響を受けたオーセンティックなシンガー・ソングライターとしての資質を活かしながらヒップホップをやり続けている彼女だが、サウンドを現行のヒップホップ・シーンに寄せずにいたら、シーンの移り変わりを経て、いつの間にか王道のロックをやっているようになっていたという面白さがどんどんと前面に出てくるようになった。これまで以上にメランコリックで、それでいてポップな曲も増加。自分にとっては本作こそが「2019年最高のフォーク・ロック・アルバム」です。傑作。