2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

 なるほど。では、やはり問題に決着がつくまでは松江哲明に対する批判を表明し続けていくことが大切なのだと思った。「当人達の問題だから」というエクスキューズでうやむやにしてはいけないのだ。

性的暴行の事実を訴えたのに、松江哲明に近しい人間はこれを「夫婦喧嘩」として取り合おうともしない、業界は松江哲明に仕事を振り続けるという日本の映画業界の絶望的なクソっぷり。