2020年5月23日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

新作『Young Enough』も素晴らしかったチャーリー・ブリスのインタビューを読んで知ったけど、彼等って映画『プッシーキャッツ』(およびそのサウンドトラック)の大ファンなのか。言われてみるとエヴァのボーカルのスタイルって確かにレターズ・トゥ・クレオのケイ・ハンリーの影響下にあるもんな(あと、前作『Guppy』のジャケットは90年代のゲフィン感がある)。

『プッシーキャッツ』のサントラはゴーゴーズのジェーン・ウィードリンやザット・ドッグのアンナ・ワロンカーまでもが参加したパワー・ポップ・オールスターズ集結のカルト的名盤です。アンナ・ワロンカーのソロ・デビュー・アルバム『Anna By Anna Waronker』の冒頭を飾る名曲「I Wish You Well」はこのサントラが初出。