2020年5月23日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.8」を開催します。ジョージ・エリオットの名作小説『サイラス・マーナー』を映画化したスティーヴ・マーティン脚本・主演の傑作『パパとマチルダ』と、プラスサイズの女の子が頑張ったり頑張らなかったりするカナダ版『オッス! トン子ちゃん』というべき青春映画の傑作『少女ジュリエット』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ioMJQ3mvL._SL350_.jpg
ナードマグネット/透明になったあなたへ

★★★★★

この作品についてはローリングストーン ジャパンでレビューを書きましたので、そちらをお読みくださいませ。須田亮太さんの私生活を切り売りすることによって記事をでっち上げていますので、須田さんと今度直接お会いする機会があればチューハイを100杯奢りたいと思います! マフスはもちろんですが、ジュリアナ・ハットフィールドはメアリー・ルー・ロード「Lights Are Changing」の初出ヴァージョンに参加しているので、そこからの連想にもなっております。それと、ウェリントンズ「Song For Kim」のカヴァーである「Song For Zac & Kate」は記事に書いた以外に(以前にライヴでカヴァーしていた)「Keep Me Holding On」のキーボードのフレーズを下敷きにギターリフを作っているようにも思ったんですが、これは確信が持てなかったので書いておりません。歌詞の中の「短すぎた夏の終わりの歌」とはおそらく「End Of The Summer」のことっすね。諸々ありますが、とりあえず最高なパワー・ポップ・アルバムであることは間違いないです!