2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

相変わらず『ガラスの城の約束』の話を続けると、これって著者のジャネット・ウォールズがジャーナリストとして「成功者」であるから「辛かったことも含めて大切な思い出」と言えているわけで、まあ本人がそう考えるのは勝手だけれども、それに対して周囲の人間(つまり映画の観客ってことだ)が同調して感動しているのがマジでヤバいと思う。こういう虐待で死んでる人もいるんだからな。映画を観た人はそこんとこをもう少し考えてくれ。

著者の最新インタビュー記事(日本語)も全然呪いが解けてなくてヤバすぎる。これ、著者も聞き手も(血縁を根拠とする)「家族教」というタチの悪い宗教にハマっているだけだよ。