2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年10月19日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.29」を開催します。今回はジョン・キューザック2本立てということで、彼の長きに渡るキャリアの最高傑作である『やぶれかぶれ一発勝負!!』と、ジョン・キューザック版『インスタント・ファミリー』というべき傑作『マーシャン・チャイルド』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時2024年の来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

アウトキャスツ(from 北アイルランド)の来日公演はストゥージズ「1969」のカヴァーで始まってクラッシュ「Complete Control」のカヴァーで終わる(しかも途中にルーディの「The Pressure's On」もあり)という期待を裏切らないB級っぷりが最高でした! というかグッド・ヴァイブレーションズ・レーベルってアンダートーンズが特殊だっただけで、あとは玉石混交というか、ほとんどが「石」な存在のバンドばかりなんだよな。でも石には石の良さがあるのだ!ということを見せつけてくれたライヴでした。それこそがパンクの存在意義ってものだろう。あと、演奏は70〜80年代の現役当時よりも遥かに今の方が上手かったっす。

以前にも書いた通りで、映画『グッド・ヴァイブレーションズ』のクライマックスは(『ボヘミアン・ラプソディ』のクライマックスがライヴ・エイドの再現だったように)『シェルショック・ロック』のDVDに収録されているアウトキャスツを中心としたイベントのドキュメンタリー『セルフコンシャス・オーバー・ユー』の再現なんだが(わざわざジェイソン・フォークナーが当時のドキュメンタリーで使用されていた楽曲をカヴァーして再現するという凝りっぷり)、来日公演を体験して、あのドキュメンタリーに登場する観客の子供達のような気分になることができました。本当にありがとうございました。

f:id:pikao:20190506031240j:plain

f:id:pikao:20180114020624j:image

f:id:pikao:20180114020620j:image

というか『シェルショック・ロック』のDVDっていつの間にかアマゾンでプレミア価格付いてるっすね。昨年2月の「アイルランド映画が描く『真摯な痛み』」では定価で仕入れて定価で売ってたのに。