2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

映画『エルヴィス』を観て改めて思ったのは、エルヴィス・プレスリーの生涯は、たとえばビートルズのキャリアなどと比べてしまうと「お話」としてはあまり面白くないということ。しかし、アメリカの文化史においては、ある種の「神話」になっているから尚更厄介なのだ。「お話」としてあまり面白くないのは、プレスリーが(主にパーカー大佐に)流されやすい性格だったことが大きい。今回の映画でもハイライトになっている1968年のTVスペシャルが語りぐさになっているのは、キャリアが下降線を辿っていたプレスリーが、パーカー大佐の意向を無視し、自分の意志を貫いて放った起死回生の逆転満塁ホームランだったからだ。