2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

やっぱりどうしても『ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション』と『Suzi Q』の比較になってしまうんだが、『バッド・レピュテーション』がジョーン・ジェットが「ロックの殿堂」入りするところがある種のゴール地点として設定されているのと比べると、『Suzi Q』でのスージー・クアトロは「無冠の女王」としてライヴ活動を続けているので、映画自体からロック・スピリットをより感じるのは後者の方ということになるわな。『Suzi Q』でのジョーン・ジェットの方が単純に楽しそうなのも素敵だし。12月の「サム・フリークス Vol.10」で上映する『タイムズ・スクエア』はそんなスージー・クアトロの楽曲もフィーチャーされているロック映画の金字塔なのでよろしくです。このタイミングで『Suzi Q』を観ることができて本当に良かった。