2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ローリングストーン ジャパンの記事でも触れたけど、マフスを初めて聴いた時って「この人達ってチャック・ベリー風ボトム・リフをやたらと使うなあ」って思いませんでした? デビュー・シングル「New Love」のイントロからしていきなりボトム・リフで始まるし。いや、ロカビリー〜サイコビリー系のパンク・バンドの人達はよく使うものではあるんだけど、あれはオールドスクールなロックンロール像を誇張して使っているわけで(逆に「ポップ・パンク」系統のバンドで使う人達はほとんどいない)、ブライアン・セッツァーストレイ・キャッツやXからの影響なんかもあるとはいえ、マフスの場合はもっとナチュラルなノリで使っているんすよね。しいて言うならばニック・ロウとかデイヴ・エドマンズとかのパブ・ロックの人達のノリに近いといえば近いか。

 

で、後々になってこれはキムのリズム的なクセもあるのではないかと思うに至ったのです。この微妙にハネてる(「スウィング」と言うほどではない)感じがマフスのグルーヴなんだと自分は考えています。で、それはやっぱりロイがドラマーとして加入してからの方がきちんと表現されているわけで。