2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ヴェルーカ・ソルトがキム・シャタックを偲んで、彼女達が2017年に収録したキムとの対談動画を公開しました。いきなり小便の話から始めるキム最高! 様々なバンドの動画を3人で見ながらロック界のスクリーマー達について語りあっております。最後に「Funny Face」の弾き語り共演あり。そして最後も下ネタで締め括るキム・シャタック。

大便とか小便の話でいうと、どの回だか忘れたけどマイケル・シェリーのラジオ番組にキムがゲスト出演した時に、「そんなに凄い曲をどうやって思いつくの? どういう感じでアイデアが降ってくるの?」と聞かれて、キムが「そうねえ、下痢みたいな感じ!」と答えていたのも最高でした。大便とか小便の話が好きな人は信用できる。