2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ニンジャが「ダイ・アントワードは2017年9月に解散する」と発言したとして話題になっているようだけど、おいらも何度も書いてきたように2010年の時点から彼等はアルバム5枚計画に基づいて活動を進めていて、「アルバムを5枚出したら活動を終わらせる」と以前から語っているんすよね。そもそもニンジャとヨーランディが手/腕に5つのドットのタトゥーを彫っているのはだからなわけだし。ミックステープの『Suck On This』をアルバムとしてカウントしているのかとも思ったが、ニンジャによると今度リリースされる『Mount Ninji And Da Nice Time Kid』の後にもう一枚控えているらしい。これできっちり5枚。



ただまあ一応言っておくと、ジェイZなんかを見れば分かるように、ラッパーの引退宣言/活動停止宣言ってのは「そういうもの」でもあるわけです。


というわけで、ニンジャの発言によってゼフ・リテラシー/ヒップホップ・リテラシーのない奴等が浮き彫りになっていて面白いという話。