2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年5月8日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.12」を開催します。今回の上映作品はホリー・ハンターの最高傑作『ミス・ファイヤークラッカー』と、ジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』。つまりはシスターフッド映画の傑作2本立て!前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


McBusted/McBusted


★★★★★


マクフライバステッドのメンバーで結成されたスーパー・グループのデビュー・アルバム。要するにスペシャルズとビートのメンバーで結成されたスペシャル・ビートのアイドル・バンド版のようなものだ。彼等自身もそのことを意識したのか、アルバム・ジャケットはマッドネスへのオマージュ! そこを踏まえてわざわざマッドネスのそれとは同名異曲の「Riding On My Bike」なんてナンバーを用意してくる目配せも嬉しい(時系列としては曲→ジャケットの順だろうけどね)。また、本作にはブリンク182のマーク・ホッパス、ウィーザーリヴァース・クオモ、オール・タイム・ロウのアレックス・ガスカースがソングライターとして参加。さらにはウィータスのブレンダン・ブラウンとのコラボレーション・ナンバーまでもが準備されていたものの、こちらは惜しくも未収録になってしまった模様(「Riding On My Bike」にブレンダンがソングライターとして参加しているという情報誤報だったようだ)。バステッドはもともとウィータスの遺伝子を継承したバンドで、このことがワン・ダイレクションが「Teenage Dirtbag」をカヴァーすることにまで繋がっているわけだが、そんなウィータスのブレンダンが本作に参加することの意義はポップ・ミュージック史的に見ても非常に大きかっただけに残念だなー(ちなみにブレンダンはバステッドのジェイムス・ボーンが結成したサン・オブ・ドークのアルバムにソングライターとして参加していることを付け加えておく)。とはいえ、そういった裏事情までひっくるめて、このアルバムはマクフライバステッドのメンバーが、自分たちが心から愛する音楽を、自分達が心から敬愛する人達と一緒に作り上げていった喜びがひしひしと伝わってくる至福の作品だ。これは間違いなく2014年を代表するパワーポップ・アルバム!



↑デビュー曲に「Baba O'Riley」のギター・リフを使ってくるのも分かってらっしゃる!