2024年6月1日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス S」を開催します。今回はお試しリクエスト企画で、以前にサム・フリークスで日本初上映を果たしたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの『シュガー』とマイク・バービグリアの『ドント・シンク・トワイス』を再映いたします。 前売チケットはPeatixで販売中です


2024年7月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.28」を開催します。今回は米国文芸映画2本立てということで、ジャック・フィニイの同名短編小説を映画化した『愛の手紙』と、ジョン・バダムの劇場用映画デビュー作である傑作『ザ・ビンゴ・ロング・トラヴェリング・オールスターズ&モーター・キングス』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2024年10月19日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.29」を開催します。今回はジョン・キューザック2本立てということで、彼の長きに渡るキャリアの最高傑作である『やぶれかぶれ一発勝負!!』と、ジョン・キューザック版『インスタント・ファミリー』というべき傑作『マーシャン・チャイルド』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です

過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました

ローリングストーン ジャパンでリンダ・リンダズにインタビューしました。アルバム『Growing Up』発表時SUMMER SONIC 2022での来日時2024年の来日時です。

2023年5月にシグリッドが初来日公演を果たした際に、ローリングストーン ジャパンでインタビューしました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。

サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


Emma Townshend/Winterland


★★★


ザ・フーの来日を記念して、ピート・タウンゼントの娘が1998年に発表した唯一のアルバムを聴いてみた。


で、今更ながらに驚いたんだが、ヨーロッパの香り漂うエキセントリックな歌唱法、ピアノの弾き語りを基本に簡素かつプログレッシヴな打ち込みが乗るサウンドは、完全にレジーナ・スペクターの『Begin To Hope』じゃないの。出てくるのが10年早かったというべきか(いや、まあ直接的な影響元はケイト・ブッシュとかトーリ・エイモスなんだろうけど)。「二世タレント」として片付けてしまうには惜しい、本格派のシンガー・ソングライターだったのだな。親父よりも遥かに歌上手いし。


ただ、「本格派」であることを印象付けようとしすぎていて、『Begin To Hope』に比べるとキャッチーなメロディを欠いてしまっているのが本作の弱点。ここらへんについては、「ビートルズの『Rubber Soul』が私の人生を変えた」と堂々と公言できる1980年生まれのレジーナ・スペクターの方がどうしたって有利だわな。全11曲40分。


Emma Townshend - Better than Music