2023年2月4日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.21」を開催します。今回はロックンロール黎明期のスターであるバディ・ホリーのキャリアを描いた音楽伝記映画『バディ・ホリー・ストーリー』と、ルーカス・ムーディソンが手掛けたスウェディッシュ・パンク映画『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2023年4月9日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.22」を開催します。今回はケン・ローチが90年代の黄金期に突入していくきっかけとなった『ブラック・アジェンダ/隠された真相』と、ルーカス・ムーディソンが製作総指揮を務めた唯一の作品である『ヤラ! ヤラ!』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

イアン・ブロウディ(ライトニング・シーズ)のソングライティング・パートナーであるテリー・ホール(スペシャルズ)の『Home』もサブスク解禁されたので、彼等の周辺の契約問題が解消されたっぽいな。『Home』はイアン・ブロウディの全面プロデュースによる94年の作品で、当時のライトニング・シーズのライヴ・メンバーがほぼそのまま参加。アンディ・パートリッジ、ニック・ヘイワード、デーモン・アルバーン等との共作曲を含むメロディアスな歌物アルバムだ。イアンとテリーの共作曲であるライトニング・シーズ「Sense」のリメイクもあり。

Home (Expanded)

Home (Expanded)

  • Terry Hall
  • Pop
  •  

ライトニング・シーズの最新曲「Emily Smiles」もテリー・ホールとの共作でしたー。