2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20211110225852p:plain
The Courettes/Back In Mono

★★★★★

デンマーク在住のモノラル偏執狂夫婦ことコーレッツの3rdアルバム。これまでのアルバムがモノラル・サウンドの凶暴性を強調したガレージ・ロック作品だったのに対して、本作ではロネッツのアルバムをパロったジャケットで暗示しているように、往年のガールズ・グループのポップネスを取り込みまくり。制作にあたってはモータウンやアトランティック・レコーズを支えた60年代のソングライター達の作曲術をかなり研究したらしい。

ちなみに、本作のミックスは佐藤清喜氏が担当しているんだが、これは彼女達が(おそらくこのリストがきっかけで)SOLEILの「Twinkle Heart」を知って、そこから佐藤氏にコンタクトを取って実現したとのこと。恐るべきモノラル愛同盟。全14曲36分の怒涛のウォール・オブ・サウンド。傑作。