2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20210924144851p:plain
The Queers/Reverberation

★★★

デイヴ・クラーク・ファイヴの「Give Me Love」から始まるクイアーズのカヴァー・アルバム。

以前にもラモーンズの『Rocket To Russia』の全曲カヴァー集があったりもしたが、本作では彼等のポップネスのルーツを訪ねていくかのような選曲で、たとえばビーチ・ボーイズの「Be True To Your School」だけではなくて、ジャン&ディーンの「Deadman's Curve」もカヴァーして60年代サーフ・ポップからの太い幹をアピール。また、ザ・フー「The Kids Are Alright」の新・旧カヴァーの違いに顕著なように、以前はパンク的なBPMブーストも多かったところが、本作ではパワー・ポップ的なアプローチに近付いていて、これはこれでいい感じ。

「Valleri」と「(I’m Not Your) Steppin’ Stone」の2曲のモンキーズ・カヴァーを聴くと、彼等のデビュー・アルバムに「I'll Be True To You」のカヴァーが収録されていたことも思い出す。ちなみに「(I’m Not Your) Steppin’ Stone」の初出は実はモンキーズではなくてポール・リヴィア&ザ・レイダーズなんだが、ポール・リヴィア詣として「Hungry」まで取り上げてくる辺りがジョー・クイアーの匠の技ですな。