2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://m.media-amazon.com/images/I/612v8Di6ZFL._SS500_.jpg
The Queers/Save The World

★★★★★

ジャケットは酷すぎるが中身は最高! 近年は散漫な再演アルバムやスプリットなどの煮え切らないリリースが続いていたクイアーズだが、『Back To The Basement』から10年ぶりの新作オリジナル・アルバムとなる本作は久しぶりにポップ全開だ!

全編にビーチ・ボーイズ色強めなポップ・ソングを配しつつ、隠し味的にハード&ヘヴィなナンバーを置いて引き締めるという構成は過去作でいうと『Move Back Home』に一番近いかも。本作は彼等の最高傑作である『Pleasant Screams』と同様にジョーイ・ラモーンに捧げられているとのことで、ジョー・クイアーがそういうことを言い出す時はマジで気合が入っている証拠だからな。今年日本公開された映画『ジョウブレイカー/ドント・ブレイク・ダウン』にも出演していたベン・ウィーゼルは名曲「Bubblegum Girl」を提供し、リサ・マーは「Let The Rain Wash Away My Tears」にソングライターとして参加するなど、お馴染みの外部の面子も好サポート。かつての名曲「Today I Fell In Love」の名フレーズをそのまま曲名にした「My Heart's In The Right Place」なんてナンバーがあるのも嬉しくなるね。3コードの使い方の教科書として後世まで聴き継がれていくべき大傑作。全15曲31分。