2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

カセットテープ・ダイアリーズ : 作品情報 - 映画.com

昨年の年間ベスト10にも入れた映画『Blinded By The Light』が『カセットテープ・ダイアリーズ』という邦題で7月3日から公開されるので、音楽に力を貰ったことがある人、音楽で人生が変わったことがある人には是非観てもらいたいっす。

で、予告編にもあるように、この映画の主人公は友達から『Born In The U.S.A.』と『闇に吠える街』のカセットテープを貰ってブルース・スプリングスティーンを聴き始めるようになるんだけど、カセットを貰ってから実際に彼が聴き始めるようになるまでにかなりのタイムラグがあるんすよね。そもそもカセットを貰ってアルバムのジャケットを見ても反応が薄い。もちろんこれは作劇上の「タメ」の為であることは分かるんだけど、『Born In The U.S.A.』はともかくとしても、『闇に吠える街』の名盤感溢れるジャケットを見て何も反応できないってのはポップ・ミュージックを聴くセンスなさすぎだよな。しかもウォークマンを肌身離さず持ち歩いている、音楽に餓えている高校生なのに、だよ。というような話を東京国際映画祭でこの映画を観た時に同行者の方として盛り上がった思い出。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ChBQil4zL._AC_SY355_.jpg