2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ジュディ 虹の彼方に』は辛い辛い映画だったのでジュディ・ガーランドの楽しい話がしたいですね(とはいえ、余韻を引っ張らずにラストをあっさり&バッサリと切って字幕だけで彼女の死を観客に伝える感じは『バディ・ホリー・ストーリー』の影響下にある気がしたんだが、実際のところはどうなんだろう)。

ジュディ・ガーランドの出演作でいうと、『オズの魔法使』『若草の頃』『イースター・パレード』『スタア誕生』あたりは観てて当然の作品だと思うので置いておくとして、個人的には『グッド・オールド・サマータイム』が好き。ルビッチの『桃色の店』のミュージカル版リメイクで、バスター・キートンがノンクレジットで脚本に関わっていることもあってギャグの切れが抜群。これが楽しく観れるジュディ・ガーランド映画の最終作で、MGM契約時の最後の作品となった次の『サマー・ストック』は彼女の体重の増減が激しすぎてすでに辛くなってくるんすよね。