2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


「憧れのアーティストどころかアレなら俺にもできる/ラッパーになってみて/やっぱり思う アホでもできる」と歌ったのはMC漢だが(「Oh My Way」)、おいらが先日の上映会を開催してみての感想もそんな感じ。上映権の取得〜会場の手配〜チラシの作成〜日本語字幕の作成〜上映素材のオーサリングは自分一人でやって、当日の運営と宣伝は協力を仰いだわけだけど(感謝)、ユーロライブ規模の会場ぐらいまでだったら究極的には全てを一人でこなすのも可能と思いますよ。楽ではないけど、そんなに大変でもない。労力的にはオフ会を開くのとそれほど変わらない感じ。というわけで、日本未公開の映画で劇場で観たい作品があるならば、一人ぼっちでも行動を起こせばいいと思います。有名人の中身のないコメントよりも、個人にそんな行動を起こさせる作品って事実の方がよっぽど観たくなるし。