2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年1月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.7」を開催します。『グッド・ライ』『ぼくたちのムッシュ・ラザール 』のフィリップ・ファラルドーが手掛けた児童映画の傑作『本当に僕じゃない!』と、アメリカ版『珈琲時光』かつゾーイ・カザンの最高傑作である『エクスプローディング・ガール』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない



おいらが信頼している常川拓也さんがアーシア・アルジェントの最新監督作『わかってもらえない』をルーカス・ムーディソンの『リリア 4-ever』と並べて絶賛されているのでムチャクチャ観たいよー。東京国際映画祭の上映には時間が合わなくて行けないので、海外でVOD配信が始まったら真っ先に観ることにしよう。



アーシア・アルジェントは昔からタトゥーの多い人だったけど、最近になって胸元に大きなタトゥーをガッツリ入れていてさらに好きになった。深読みしすぎかもしれないけど、このタトゥーには彼女の繊細さが強く表れているように感じる。つまり「このタトゥーで引いちゃうような人は私に近寄らないで」という予防線を張っておくことによって自分の心を守ろうとしているんだと思う。また、彼女はもう役者としては引退して監督業に専念したいという思いがあるらしいので、このタトゥーはその決意表明でもあるのだろう。