2019年10月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.6」を開催します。上映作品は児童映画クラシック『若草の祈り』と、文芸映画版『マッドマックス 怒りのデス・ロード』というべき大傑作『わが青春の輝き』の文芸フェミニスト映画2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

映画『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー(監督:ピーター・チェルソム)観賞。★★★★★


実写版『魔法の天使クリィミーマミ。予備知識が何もない状態で観たんだけど、ハンナ・モンタナのマネージャーがヴァネッサ・ウィリアムズ(生理痛)だし、ラスカル・フラッツテイラー・スウィフトカメオ出演はあるし、「アイドルとは何ぞや?」というテーマに対してスパイダーマン2』に匹敵する回答を提示しているし、ミュージカル・シーンは盛りだくさんだしで、アイドル映画としては非の打ちどころがない内容で大満足。やけに面白いなあと思ったら監督が傑作『マイ・フレンド・メモリー』のピーター・チェルソムだったのね。主演のマイリー・サイラスは歯茎が出ててちっとも美人ではないんだけど、ガール・ネクスト・ドアな感じがチャーミングでいいのではないでしょうか。






↑この映画を観た人なら誰もが連想するであろうトラヴィスの名PV。


IMDbの該当ページ