2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

ドルビーアトモスの空間オーディオは、(まさに「空間オーディオ」というだけあって)音に隙間の多いサウンドの方が効果的なので、宅録を基本とする音数の少ないマッカートニー・シリーズをチョイスしたのは正解だと思う。逆にディストーション・ギターが空…

「サム・フリークス Vol.20」で上映する『フリップト』の監督ロブ・ライナーの最新作は『スパイナル・タップ』の続編! 2024年公開予定! 『スタンド・バイ・ミー』も『プリンセス・ブライド・ストーリー』も『恋人たちの予感』もあるけれど、ロブ・ライナー…

『1640日の家族』の中で『ダーティ・ダンシング』の話題が出てきたけれど、『ダーティ・ダンシング』って自分の中ではマーティン・スコセッシの『ミーン・ストリート』と同ジャンルの映画なんすよね。ロネッツの「Be My Baby」から始まる映画というジャンル…

歌詞連想ゲームに挑戦したリンダ・リンダズがゴーゴーズとマフスとレッド・クロスの曲を歌ってくれるのは最高っすね。以前にインタビューした時も思ったけど、(家族的な関係にある)この三者を繋げられるってのは、それだけで信頼に値する。

9月23日からアラン・アーカッシュの『ロックンロール・ハイスクール』が改めて劇場公開されるので、10月2日開催の「サム・フリークス Vol.20」で上映する『ゲット・クレイジー』の予習にぴったりっすね。『ロックンロール・ハイスクール』と『ゲット・クレイ…

メアリー・ルー・ロードの素晴らしいコンピレーション・アルバム『She'd Be A Diamond』のLP盤に添付されているDLコード記載の紙は、1994年12月9日にオリンピアで行われたエイズ予防啓発コンサートの復刻フライヤーだった。気が利いておる。彼女は1993年にキ…

リンダ・リンダズのエロイーズは2016年にLAのアメーバ・ミュージックで行われたマフスの『Blonder And Blonder』全曲再現ライヴを観に行っていたから、自分がそこでライヴをする際にはマフスの『Blonder And Blonder』Tシャツを着て演奏したってのはマジで熱…

ペンパルズの新作『CAARRS』がカーズの『Heartbeat City』へのオマージュだったので、プロデューサーのマット・ランジ繋がりで『シャナイア・トゥエイン: ノット・ジャスト・ア・ガール』を観たんだが、公私を共にするパートナー同士だったマット&シャナイ…

今回のサブスク解禁で特筆すべきは、全作品に新規のリマスターが施されているということで、70年代の傑作群がかなりまともな音質で聴けるようになったのがありがたい。永ちゃんのサウンド作りがやたらとハイファイ志向なのは、キャロル〜ソロ初期の70年代の…

ウィズ・カリファの新曲「Big Daddy Wiz」はテイスト・オブ・ハニーの「Rescue Me」をサンプリング、ということはつまりはブッダ・ブランドの「大怪我」であり、ファンキー4+1の「That's The Joint」ってことですね。

『ノット・オーケー!』は、『Flower』で開花したゾーイ・ドゥイッチの怪優路線の最新作、かと思いきや最後に手痛いしっぺ返しを喰らう話。それにしても、ミア・アイザックは『パパに教えられたこと』に続いて本作と、まだ若いのに重いものを背負わされてし…

『デリー・ガールズ』のシーズン3(最終シーズン)のNetflixでの配信見込みは9月頃か。早く来てくれー。

「史上最高の女性ロックバンドであり、LAパンクのシーンにおいて重要な役割を果たした、私達のヒーローであるゴーゴーズに敬意を表して、この曲のスタジオ・ヴァージョンを録音することにしました」とのことで、リンダ・リンダズ自身も「LAパンク・バンドと…

リンダ・リンダズがゴーゴーズのカヴァー「Tonite」をリリース! 原曲以上にベースを前面に押し出したロッキンな仕上がり。彼女達は以前にマフスのカヴァー「Big Mouth」をリリースしていたし、今回のシングルで自分達がLAパンクの末裔であることをさらに明…

『ハリスおばさんパリへ行く』がレスリー・マンヴィル(『オーディナリー・ラブ: ありふれた愛の物語』)主演で映画化されたので、原作も再販してくれー。児童文学(の名作)がプレミア価格を支払わなければ読めないという現状は非常によろしくないと思うの…

『グレイマン』にドノヴァンの『7-Tease』が出てきたのはマジでビビったー。「ロックンロール・ソールジャー」やで。まあ、『グレイマン』も「魂の戦士」についての映画ではある。

映画『なんだかおかしな物語』の最後の展開について補足しておくと、アンナ・ボーデンとライアン・フレックが脚色を行った際には、(少なくとも表面的には)主人公のダークサイドは払拭されたという意味だったのかもしれない。しかし、原作者のネッド・ヴィ…

ナードマグネットの新曲「ファニーストーリー」のモチーフになっているということで映画『なんだかおかしな物語』を観直したんだが、主人公(キーア・ギルクリスト)の親友のアーロンを演じていたのって『サム・フリークス』のトーマス・マンだったんだな。…

ナードマグネットの「BOTTLE ROCKET」に匹敵するペットボトルロケットについての名曲。このモチーフが被ることなんてあまりないだけに、なおさら印象に残る。

Kamuiの新作『YC2.5』にピーナッツくんの参加確定! 昨年から彼等の共演を待ち望んできた私としては、これ以上ないほどに嬉しいです。どちらもSF的世界観を持ってヒップホップに向き合っている人と豆だし、両者の邂逅はもはや必然。KamuiはTENG GANG STARR時…

アラン・アーカッシュの『ロックンロール・ハイスクール』はリンゼイ・アンダーソンの『If もしも....』(とリチャード・レスターの『ハード・デイズ・ナイト』)が基になっていたわけで、『If もしも....』で主演を務めていたマルコム・マクダウェルをアラ…

ペンパルズの新曲「Getmeee!」のギターリフが完全にシン・リジィの「Jailbreak」なんだけど、ペンパルズのことだから敢えてやってるんだろうなあと思わせてくれるのは、彼等の音楽的な造詣に対する信頼度の高さ故だ。シン・リジィのフィル・ライノットの生涯…

クリッシー・ハインドはザ・プリテンダーズを結成するかなり前の時期にSEXで働き、初期のセックス・ピストルズと多少の関わりがあったのは事実だ。しかしドラマの中の彼女は物語の中心にいて、スティーヴの恋の相手として描かれている。「彼女は先週、映像を…

スーパーオーガニズムの新作『World Wide Pop』のオープニングを飾る「Black Hole Baby」ってジョン・セバスチャンの「Welcome Back」の改作じゃないっすか(ちゃんとソングライターとして彼の名前もクレジットされている)。ラッパーのメイスがこの曲をサン…

ダニー・ボイルの『セックス・ピストルズ』はクリッシー・ハインドがプリテンダーズを結成するまでの物語でもあるわけだが、プリテンダーズが凄いのは、1979年の1stアルバムの時点で全米アルバム・チャートのトップ10入りを成し遂げているということ。商業的…

ダニー・ボイル製作・監督によるTVシリーズ『セックス・ピストルズ』は、ピストルズの話だがいきなりデヴィッド・ボウイから始まるのだった。これはグラム・ロックがパンクのプロトタイプであったことを示しているわけだ。本作についてはEBTGのトレイシー・…

というわけで、ヴァイアグラ・ボーイズのヤバい新作『Cave World』ですが、「Troglodyte」がほぼディーヴォの「Girl U Want」で最高。しかもロバート・パーマーの名カヴァーを経由してビールに漬けたようなハード&ラフなサウンドになっているのも堪らなすぎ…

突然ですがPENPALSのバンド名の由来はご存知ですか?今回のアルバムや特に先行シングル"Weekend"では「パワーポップ」というワードを使っていますが、それも含めてこのバンドのこの曲に繋がっています。改めて紹介します。バンド名の由来となった曲です。Slo…

映画『Everything Everywhere All At Once』(監督:ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート)観賞。★★★★★。『マトリックス』の興奮を再び味わえるのは『マトリックス レザレクションズ』じゃなくて本作の方やったんや!という大傑作。いま流行りの「マル…

人はかつて子どもであったその人だ、と思っているのです。誰もがかつては子どもで、世界を子どもの目でとらえていました。子どもは最も非力で、社会階級の末端にあります。私は自分を子どもたちと同一視できるし、彼らの視座を共有しています。 どうしてサム…