2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品はブライアン・クラーノの『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)とケン・ローチの『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20181106200630j:plain

ロビンのソロとしての前作『Body Talk』が盟友のマックス・マーティンまでをも召喚したキャリアの集大成というべき気合の入りまくった大傑作ポップ・アルバムだったのと比べると、(間にロイクソップとのコラボレーションEPなどがあったとはいえ)新作の『Honey』は随分とチルアウトしたサウンドになっているなあと思っていたら、今回はメトロノミーのジョセフ・マウントが全面的に関わっているんすね。このサウンドの変化は『Overpowered』から『Hairless Toys』に至るロイシン・マーフィーの変化に近いといえば近いかな。

 何はともあれ、すでに『Body Talk』から8年ですよ。その間に『Girls』が始まり、そして終わっていったという長い年月。

ポール・マッカートニーのライヴ(@東京ドーム)、楽しかった! 今回はホーン隊がバンドに加わったこともあって、これまでになく『ロックショウ』なウイングス色を強く感じたな。特に前半&アコースティック・セクションでの「夢の人」!

f:id:pikao:20181029202714j:plain

ポール・マッカートニーが来日したこともあって、樹村みのりジョニ・ミッチェルに会いに行く素敵な漫画「ジョニ・ミッチェルに会った夜の私的な夢」(『海辺のカイン』に収録)を読み返して思わずジンとしてしまった。