2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20210503210023p:plain
自閉症者の差別的な描写と、自閉症者コミュニティからの批判に対する不誠実な態度・対応で話題となってしまったシーアの監督作『Music』。カップケイクの「A.U.T.I.S.M」のように具体的に自閉症について歌い込んだ曲があれば少しは印象が違ったのかもしれないが、そういった楽曲もないので、結局のところシーアにとって自閉症は他人事でしかなかったという風に見えてしまう。また、実際の自閉症者を起用しなかった理由について、「言葉を話すことができない素敵な若い女性と仕事をしようと試みましたが、彼女は居心地の悪さやストレスを感じてしまいました。なので、マディーをキャスティングしたのです」という苦しい言い訳をしているものの、本作はフレッド・アステアジーン・ケリーの諸作のように主演のマディ・ジーグラーの芸ありきのミュージカルなのは明らかなのだから、シーアが自閉症を表現の為の「ツール」として使っていることは否定できないと思う。主人公の向かいに住む少年の使い捨てられっぷりも、全てがシーアにとっての「ツール」でしかなかったという印象を強めるものである。