2022年9月3日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.19」を開催します。今回はアメリカ探訪映画の傑作を2本立てでお届け。アメリカのコメディ映画史上に残る名作『ゴー!☆ゴー!アメリカ/我ら放浪族』と、ウディ・ガスリーの自伝を映画化した『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年10月2日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.20」を開催します。今回はアメリカ音楽映画2本立てで、名作『ロックンロール・ハイスクール』を手掛けたアラン・アーカッシュの傑作ロック映画『ゲット・クレイジー』と、ロブ・ライナーの「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」というべき傑作『フリップト』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71OXIZID8yL._AC_SL500_.jpg
Kylie Minogue/Disco


★★★★★

今年リリースされたディスコ・アルバムとしてはジェシー・ウェアの『What's Your Pleasure?』も良かったが、遂に真打ち登場といった感じ(そういえば、最近ジェシー・ウェアのポッドキャストにカイリーが出演していたな)。昨年発表されたベスト・アルバム『Step Back in Time: The Definitive Collection』に新曲として収録されていた「New York City」の延長線上にあるサウンドで「私達はまた一つになれるかな?(Can we all be as one again?)」と歌い、コロナ禍の不安を優しく受け止めながら聴衆をダンスに導くポップ・ソング集となっている。彼女の軽い声質によるところも大きいとは思うが、徹底的なまでにチージーであることでディスコの本質に肉薄している凄みすら感じさせるアルバムだ。東日本大震災直後に来日公演を敢行した時もそうだったように、こういう苦境の時代にこそカイリーの真の強さが浮き彫りになってくる。カイリーのアルバムとしては2010年の『Aphrodite』以来の傑作だろう。