2021年8月7日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.14」を開催します。今回はビル・フォーサイス特集ということで、映画『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

都市生活者の孤独」といえば、ポール・マッカートニーの1stソロ・シングルの「Another Day」はまさにそういうテーマの曲だからな。「人ごみの中で彼女は思う/生きていくのはとても大変だって(People gather 'round her and she finds it hard to stay alive)」という歌詞は自分の心に深く刻み込まれております。そして、ポール・マッカートニーはこういう「小さい描写」を好む人でもある(「Junk」とか「For No One」とか)。というわけでharuru犬love dog天使の『Lonely EP』はポール・マッカートニー好きにも自信を持ってお勧めしたいところ。haruru犬love dog天使自身も音楽に目覚めるきっかけはビートルズだったと答えてるし。