2020年9月6日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.9」を開催します。今回の裏テーマは「原点回帰」ということで、『ブルックリン最終出口』と共にジェニファー・ジェイソン・リーの黄金期の幕開けを告げた傑作『マイアミ・ブルース』と、本イベント名の由来ともなった青春映画の傑作『サム・フリークス』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20200523165310j:plain

イーサン・ホーク主演&ローガン・マーシャル=グリーン初監督作品の『ハイウェイの彼方に』は「ワケありの孤独な男が捨て子を拾って育てようとする話」で、つまりは『パパとマチルダ』と似たような構造ではあるんだが、イーサン・ホークの役者としての鈍重さを見てしまうと、『パパとマチルダ』におけるスティーヴ・マーティンの「軽み」がいかに大切なものであったかが分かる。というかイーサン・ホークって年を重ねるごとに鈍重になっていってる気が。『エクスプロラーズ』(大好き)の頃はこんなじゃなかったはずだ。