2023年2月4日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.21」を開催します。今回はロックンロール黎明期のスターであるバディ・ホリーのキャリアを描いた音楽伝記映画『バディ・ホリー・ストーリー』と、ルーカス・ムーディソンが手掛けたスウェディッシュ・パンク映画『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2023年4月9日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.22」を開催します。今回はケン・ローチが90年代の黄金期に突入していくきっかけとなった『ブラック・アジェンダ/隠された真相』と、ルーカス・ムーディソンが製作総指揮を務めた唯一の作品である『ヤラ! ヤラ!』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


過去に開催したサム・フリークスの一覧はこちらです


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


サム・フリークスの場内BGMのプレイリストを作成しました。毎回上映作品と絡めた選曲をしています(最新のものに随時更新していきます)。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

リンダ・リンダズが出演した回の「What's In My Bag?」(エロイーズがレッド・クロスの傑作『Neurotica』について熱く語っているのが素敵)でベラが推薦しているNetflixのドキュメンタリー・シリーズ『魂の解放: ラテンアメリカのロック史』は、リッチー・ヴァレンスの「La Bamba」を起点として語られているから、よくよく考えたら彼が登場する『バディ・ホリー・ストーリー』とも関わりが深い内容なのだった(リッチー・ヴァレンスバディ・ホリーと共に1959年2月3日の飛行機事故で死亡している)。ついでに言っておくと、バディ・ホリーはテックス・メックス(テキサス風メキシカン)音楽から強い影響を受けており、妻もプエルトリコ出身で、実はラテンアメリカと縁が深いアーティスト。というわけで、『バディ・ホリー・ストーリー』と『ウィ・アー・ザ・ベスト!』を上映する「サム・フリークス Vol.21」は、ある意味でリンダ・リンダズ特集といえないこともない。