2021年10月24日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.15」を開催します。今回は映画史から黙殺されたフェミニスト西部劇の傑作『サウザンド・ピーシズ・オブ・ゴールド』と、ニール・ジョーダンの最高傑作の一つ『ブッチャー・ボーイ』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年12月26日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.16」を開催します。今回は『ユニークライフ』の完結を記念して、ジェニファー・ジェイソン・リーの代表作である『カンザス・シティ』と『ブルックリン最終出口』を2本立てで上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


2022年3月21日(月・祝)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.17」を開催します。今回は『グレゴリーズ・ガール』と『シルビーの帰郷』を上映した「サム・フリークス Vol.14 」に続いて、再びビル・フォーサイスの監督作を2本立てでお届け。彼の長編映画監督デビュー作『ザット・シンキング・フィーリング』と名作『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』を上映いたします。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


メアリー・ルー・ロードの「Lights Are Changing」のオリジナルなどで知られるべヴィス・フロンドのポップな楽曲のみを集めたベスト・アルバム的プレイリスト『Pop Essentials of The Bevis Frond』を作成しました。


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

昨年の東京国際映画祭では『愛しい存在』というタイトルで上映された『スウィート・シング』は、『イン・ザ・スープ』のアレクサンダー・ロックウェルの久しぶりの日本公開作品。逆『フロリダ・プロジェクト』とでもいうべき内容で、クソな親から逃れた子供達がフロリダを目指す物語。トラップ・ミュージックが使われまくりだった『フロリダ・プロジェクト』と比較すると音楽的にはかなりオールド・スクールであり、『スウィート・シング』というタイトルはヴァン・モリソンの同名曲から。主人公の「ビリー」という名前はビリー・ホリデイから。さらにはビリーの曲に続けてフォーク・シンガー版ビリー・ホリデイというべき存在であるカレン・ダルトンの「Something On Your Mind」を大フィーチャー(予告編でも大フィーチャー)。ここが技ありで本当に素晴らしい。カレン・ダルトンは超最高ですからね。