2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

f:id:pikao:20200529004510j:plain

サム・フリークスの今後の企画として、たとえば『あなたがいたら 少女リンダ』と『Hなえっちな変態SMクラブ』の2本立てで「シンシア・ペイン一代記」とかやったら面白いかも。そう、この2本はどちらも英国の売春宿経営者として有名なシンシア・ペインの実人生を基にした映画で、彼女の少女時代を描いたのが『あなたがいたら 少女リンダ』、その後の売春宿を始めてからを描いたのが『Hなえっちな変態SMクラブ』なのだ。どちらもはみ出し者映画として傑作だったという記憶がある。

2本ともデヴィッド・リーランドが脚本を執筆し、『あなたがいたら 少女リンダ』では監督も兼任。ちなみに『Hなえっちな変態SMクラブ』はモンティ・パイソンの故テリー・ジョーンズが監督なので、追悼企画を兼ねてもいいかも(とはいえ、もう時期を逃している感)。