2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年5月8日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.12」を開催します。今回の上映作品はホリー・ハンターの最高傑作『ミス・ファイヤークラッカー』と、ジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』。つまりはシスターフッド映画の傑作2本立て!前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


Kylie Minogue/Kiss Me Once


★★★★

 
前作『Aphrodite』はカイリー・ミノーグのキャリアの頂点に君臨する大傑作だった。このことについてはおそらく本人も自覚していたのだろう。それ故に、以降の彼女の活動はベスト盤や過去曲のリメイク集の発表など、自身のキャリアを総括するようなものがしばらく続いていたのであった。


というわけで、4年振りのオリジナル・アルバムとなる本作ではジェイ・Z率いるロック・ネイションと新たにマネージメント契約を結んで心機一転。ということは、(かつて『X』の「All I See」を、ミムスをフィーチャリング・ゲストに迎えてリメイクしていたように)アメリカ市場に媚びた内容になるのかと思いきや、なんと同郷のオーストラリア出身のシーアをエグゼクティヴ・プロデューサーに迎え入れるという大英断。シーアも最近ではブリトニー・スピアーズやリアーナに楽曲提供しているだけに、これならアメリカ人だって文句は言えまい、という(オーストラリア愛溢れる)したたかさが頼もしい。前作のハードルを無理に超えようとせずに、自由にノビノビとやっている感があるのが本作の良さだ。そしてアメリカ市場を意識しているだけあって、「Sexercize」のPVに代表されるようにエロ度は高め。オーストラリア版GQの創刊15周年記念水着グラビアもこの延長線上にあるわけで、その一貫した姿勢が素晴らしい。やはりカイリーはエヴァーグリーンなズリネタなのである! まあでも、エリンギ・イグレシアス(男根のメタファー)とデュエットしたタルいバラード・ナンバー「Beautiful」は必要なかったかな。