2020年12月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.10」を開催します。『ゴーストワールド』の元ネタであり、元祖『エイス・グレード』かつ元祖『ブックスマート』かつクリスマス映画でもある『マリアンの友だち』と、ロック映画の金字塔『タイムズ・スクエア』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年3月6日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.11」を開催します。今回はジョン・セイルズのシスターフッド映画『ゴー・フォー・シスターズ』(日本初上映)と、児童映画の極北というべき傑作ドキュメンタリー『子供たちをよろしく』の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2021年5月8日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.12」を開催します。今回の上映作品はホリー・ハンターの最高傑作『ミス・ファイヤークラッカー』と、ジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』。つまりはシスターフッド映画の傑作2本立て!前売チケットはPeatixで販売中です


マフスのキム・シャタックの追悼記事をローリングストーン ジャパンに執筆しました


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

渋谷のパルコPART3前を通って気付いた人もいるんじゃないかな? というわけで、9月3日と4日に行われた『(500)日のサマー』のサマー★ナイト スペシャル内覧試写会に潜入してきたぜ!



↑日本版独自のフォントが素敵。しかもそこには青い鳥が!「Bluebird」!ズーイーの目も青い!


おいらの主な目的は(誰にも頼まれてないのに)観客の反応を探ってくることだったんだが、かなーり好評だったんではないかと。クライマックスではすすり泣きがそこここで起きていたぞ。エンドロールの時にはおいらの後ろの席の人が「あんな目で見つめられたらなんでも許しちゃうよねー」なんてズーイーについて話していたし、おいらの同行者達は「これはどんな国の人でも老若男女問わずに感情移入できる普遍的な映画だと思う」なんて言ってたし、作品の出来は間違いない!ってことだね。


あと、今後も試写/試写会ではプレス資料が配布されると思うんだけど、そこに掲載されてるズーイー・デシャネルのプロフィール紹介はぜひ読んで欲しいな。普通だとこういうのは海外から送られてきた資料を翻訳しただけ、ってパターンが多いと思うんだが、本作のそれはおいらがリミキサーとして少し関わらせてもらっていることもあって一味違った仕上がりになっているから。だいたいIMDbにもまだ掲載されていないズーイーの出演作『Do It Again』(キンクスドキュメンタリー映画)についてきちんと言及している資料がどれだけあるかって話だよ。こんな快挙/暴挙が成されているってところからも公開側の人々のやる気を感じてもらいたい。ズーイーのファンも読めば納得のはず。