2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品はブライアン・クラーノの『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)とケン・ローチの『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


「ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会」開催記念プレイベント


特集:アメリカ映画が描く「真摯な痛み」


昨年10月に渋谷ユーロライブにおいて2日間に渡って開催され、好評を博したグッチーズ・フリースクール主催の「青春映画学園祭」。今年はその後を継いで、グッチーズ・フリースクールを中心とした複数の上映団体による未公開映画の特集イベント「ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会」が秋に開催されます! 今回は同イベントの開催を記念して、ジャド・アパトーも絶賛した日本未公開の傑作ドラメディ『スリープウォーク・ウィズ・ミー』と、LAパンク・バンドのXへの愛に満ちたジェニファー・ジェイソン・リーの最高傑作『ジョージア』の2本立て上映会を7月30日(日)に渋谷ユーロライブにて行います。


『スリープウォーク・ウィズ・ミー』は日本初上映、『ジョージア』は約20年ぶりの日本再上映。どちらもこの機会を逃すと劇場では観ることができない(「ほぼ丸ごと未公開 傑作だらけの合同上映会」でも上映されない)貴重な作品を2本立て1000円というお得な特別料金でお届け。今後のソフト化・劇場公開の予定もありませんので、この機会に是非。当日は「ほぼ丸ごと未公開 傑作だらけの合同上映会」の上映作品の紹介もする予定でーす。「ほぼ丸ごと未公開 傑作だらけの合同上映会」の公式サイトも今後マシンガンの弾丸ばりに新参者達がガンガン更新していく予定なので各自の判断でブックマークしといてくれー。


概要:
1)日時:2017年7月30日(日)


2)会場:ユーロライブ(渋谷)


タイムテーブル


12:50〜 チケット販売開始
13:05〜 開場
13:20〜「ほぼ丸ごと未公開 傑作だらけの合同上映会」上映作品紹介
13:30〜『スリープウォーク・ウィズ・ミー』上映
14:51〜 休憩
15:10〜『ジョージア』上映(17:07上映終了予定)


3)料金:2本立て1000円(入れ替えなし・当日券のみ・整理番号制)

新たに映画と出会う歓びは格別だ。それは、ただ受身に周囲の評価や情報ばかりを気にしている者には味わうことはできない。能動的かつ無差別に映画を観る者にしか訪れない幸福である。


今回、「アメリカ映画が描く“真摯な痛み”」をテーマに二作品が特集上映される。


ジャパン・プレミアとなる『スリープウォーク・ウィズ・ミー』は、監督・脚本・主演を務めるスタンダップ・コメディ出身のマイク・バービグリアの夢遊病睡眠障害の実体験を基にした半自伝的コメディ。ジェームズ・L・ブルックスジャド・アパトーも絶賛したこの作品からは、悲惨な出来事も自分が抱えている痛みも笑いに変えるコメディアンたる彼の確かな信念が感じられるはずだ(それは日本公開が待たれる監督二作目『Don't Think Twice』にも継承されている)。また、今日の米インディペンデント映画界を代表するマーク・デュプラスが「新たなウディ・アレン」と称賛したように、ここでは例えば『アニー・ホール』の手法を深化させた演出が試みられている点も注目に値する。マンブルコア系のインディからメジャーまでをバービグリアがある種つなぐ存在だと考えれば、米コメディ映画界の人脈が豊かな広がりを持って見えてもくることだろう。米コメディ好きなら見逃す手はない一作だ。


一方、主演ジェニファー・ジェイソン・リーが初めて製作も担当した『ジョージア』は、新訳で約20年ぶりに日本のスクリーンに再び蘇る。彼女は、カントリー歌手として成功を収めた姉ジョージアに対してコンプレックスを抱く妹セイディを切実なリアリティを持って演じているが、この役が生涯で最も思い入れがあることを認めている。「とても個人的な映画」だと語る本作は、彼女の実母バーバラ・ターナーが脚本を手がけ、実際の姉妹関係が反映されているのである。酒や薬に溺れながらも夢にすがり、傷つきながらも歌い続けるセイディの物語が彼女自身の歌声を交えて語られていくが、中でも8分以上に渡ってヴァン・モリソン「Take Me Back」を熱唱する場面は必見だ。「さらば苦しい時代よ」JJLが魅せるラストの表情は、人生に不器用で諦めの悪い人間なりの気概と矜持があり、美しさを湛えている。


どちらも自らの信じる道を生きる覚悟を謳った、人生に対して厳しくも誠実な映画である。自分の夢は他の誰のものでもない。たとえ他人から認められなかろうが、否定されようが、自分が幸せを感じられることをやれている限りそんなことは“構わないんだ”という哲学は、映画館を出た後にもきっと心に残るはずだ。


1日限りのまたとない貴重な上映会です。ぜひお見逃しなく!


(映画ライター・常川拓也

62年生まれL.A.育ちのジェニファー・ジェイソン・リーが、77年にL.A.で結成されたXのファンと聞いたとき、時代背景からもスンナリ頷けた。パンクロックが好きな俳優は大歓迎だし(マット・ディロンはリプレイスメンツ好き、とか)。が、彼女の場合は撮影の合間にウォークマンでXを聴くだけでは済まなかった。自身が製作・主演し、母親が脚本を書いた本作に、Xのベースのジョン・ドウを出したのだ!パンクファッションに身を包みアウトローな主人公セイディを演じるジェニファーを観て私はいつも勝手に共感する。エクシーンになりたかったんだね、と。好きが高じて出来た『ジョージア』の世界観は、私の中ではずっと錆びない。(Tweezers・Tomoko)


スリープウォーク・ウィズ・ミー』(2012年、監督:マイク・バービグリア)
Blu-ray上映(日本語字幕付き)
2012年サンダンス映画祭 NEXT部門 観客賞受賞
2012年ナショナル・ボード・オブ・レビュー インディペンデント映画トップ10入賞


出演:マイク・バービグリア(『マイク・バービグリアのジョークの神様、ありがとう!』『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』『俺たちポップスター』)、ローレン・アンブローズ(『待ちきれなくて…』)





ジョージア』(1995年、監督:ウール・グロスバード)
Blu-ray上映(日本語字幕付き)
1995年度アカデミー賞 助演女優賞ノミネート(メア・ウィニンガム
1995年モントリオール世界映画祭 最優秀作品賞受賞


出演:ジェニファー・ジェイソン・リー(『ヘイトフル・エイト』『初体験/リッジモント・ハイ』)、メア・ウィニンガム(『セント・エルモス・ファイアー』)、ジョン・C・ライリー(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『マグノリア』)



主催:岡俊彦(協力:Gucchi's Free School、After School Cinema Club、飯野絢平、naito cinema、宮本泰輔)


お問い合わせ先:岡俊彦(電話:080-4065-3412 メール:hardway@ba.mbn.or.jp)