2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品はブライアン・クラーノの『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)とケン・ローチの『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

映画『ラッキー・ガール(監督:ドナルド・ペトリ)観賞。★★


世界一幸運な女の子がひょんなことから世界一不運な女の子に! リンジー・ローハンが初のロマンティック・コメディに挑戦!…というわけなんだけど、これはヤバいなあ。何がヤバいって、リンジー・ローハン肌の汚さが。アイドルの範疇を超えた気まずさという意味では『サマー・ストック』のジュディ・ガーランド級。「運が良いとは」「運が悪いとは」を論理的に突き詰めていない脚本も頭が悪すぎ。「運が悪い」のと「他人に迷惑を掛ける」のは全く別の問題だぞ。それでいいんだったら、(ネタバレだけど)クライマックスなんて「リンジー・ローハンが観客にマクフライを紹介する」で済むんじゃないの? 結局この人は子役時代に主演した『ファミリー・ゲーム/双子の天使』が最高傑作になってしまうような気がする。


IMDbの該当ページ