2019年1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品は『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)と『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


2019年4月7日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.4」を開催します。上映作品は『ニュー・カントリー』と『リリア 4-ever』のルーカス・ムーディソン2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。


★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない


Kate Nash/Yesterday Was Forever


★★★★★


「私はいつも死について考えてる」という歌い出しの「Life In Pink」から始まり、彼女の愛犬に捧げられた「My Little Alien」を経由して、「音楽だけは私の傍を離れないでいてくれる/音楽にしがみついて生きていく/音楽に合わせて/私は死んでいくのだろう」という音楽への愛と決意を歌い上げた「To The Music I Belong」で締め括られる全14曲50分。つまり本作はケイト・ナッシュの「生きる理由」を綴ったアルバムである。


音楽的にも『Made Of Bricks』の宅録DIY精神、『My Best Friend Is You』のポップネス、『Girl Talk』のパンクなロック・テイストが融合して彼女のキャリアを見事に総括、そしてリタ・オラへの楽曲提供などで鍛えられた職人ソングライターとしての匠の技がそこに加わって、さらなる高みに到達している。文句無しに彼女の最高傑作だと思う。人生経験を重ねることによって様々な抑圧から解放されて自由になっていくケイト・ナッシュの姿が眩しいぜ。『GLOW』のシーズン2にも引き続き出演するようなのでこちらも楽しみっす。